採用ページの定番!社員インタビューコンテンツ

投稿日:2017年3月14日 更新日:

 『リクナビ』や『マイナビ』などの求人媒体への出稿を行う一方、自社の魅力をより良く伝えるために、自社サイトの求人ページを活用する企業が増えてきました。

簡単な募集要項を掲載しているだけの求人ページから、さまざまな切り口から自社の魅力を伝える「求人用オウンドメディア」へと進化しています。

コンテンツの中でも定番は、社員インタビュー。
社員が語る言葉や、いきいきとした表情、職場の写真は、スペック化しにくい「社風」や「やりがい」などの魅力を自然なかたちで伝えてくれるコンテンツです。

今回は、「社員インタビュー記事」の制作費用相場を、大手クラウドソーシング事業者に取材しました。

詳細レポートでは、調査で使用したRFPと実際の見積もりのExcelデータもダウンロード可能です。ぜひダウンロードしてコンテンツ制作の実務でご活用ください。

今回の見積もり調査ケース

発注者の背景

1.来期の新卒採用活動の準備を始めようとしている。

2.応募者数が伸び悩んでいる。

3.会社説明会への応募を増やしたい。

コンテンツ概要

1.社員インタビュー記事の作成(20人分)

2.社員は全国の営業拠点など20箇所に勤務中。

3.インタビュー1人あたり60分

4.記事仕様:2,000文字~、写真 3カット

見積もり調査結果

見積もり相場

概算見積相場:138~158万円/一式

詳細調査レポートには、Excelファイルのサンプル事例のRFPと調査参加企業の概算見積りがセットされています。

御社のRFP作成や、予算検討、見積もり比較などにご活用ください。

見積もり先からのコメント

1.取材と原稿作成以外の周辺業務として、取材先のブッキングや取材前後のコミュニケーション(質問項目の共有や取材アポの確認、原稿確認など)などがあります。社員インタビューであれば、人事部など社内担当者が対応するケースが多いですが、ライターさんや制作会社に代行してもらうことも可能です。

2.取材記事の場合、カメラマンを入れるかどうか?は費用の変動ポイントです。事前に、掲載する写真のイメージを参考サイトなどからピックアップして、見積もり依頼の段階で伝えておくと良いでしょう。

3.制作会社の対応地域によっては、出張交通費などの費用が発生します。取材地域などが決まっている場合は、依頼の際に必ず伝えましょう。

編集部のまとめ

今回は採用ページに掲載する「社員インタビュー」制作の見積もり相場を調査しました。

ライティングのみで簡潔するブログ記事作成と異なり、取材が発生する点がポイントですね。

さらに取材から派生する周辺業務として、
・取材先の選定
・質問シートなど事前準備
・取材日程の調整
・場所の確保
・取材先と事前事後のコミュニケーション
などがあげられます。

社員インタビューの場合は、取材先がいわば身内なので、周辺業務も社内対応するケースのほうが多いと思いますが、対応して欲しい業務がある場合は、RFPに記載して見積書取得時に確認しておくと良いでしょう。
見積書では「ディレクション費」などの項目でまとめられるケースも多いようです。

詳細調査レポートでは概算見積もりの項目内訳が、業務でそのまま使えるようにExcelファイルで配信しています。御社のRFP作成や、予算検討、見積もり比較などに、ぜひご活用ください。

▼アンケート詳細レポートのダウンロード▼

デジタルマーケティングBPO「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.