Web担当者のための集客ノウハウガイド

Web担当者のための集客ノウハウガイド

初心者向けメール配信システムおすすめ5選!:2022年10月版

2022年10月27日

昨今Webマーケティング業界のリード獲得施策におけるトレンドはSNSを活用した施策が中心となっていますが、BtoBビジネスを中心とした場面においてはまだまだメールマーケティングが効果をあげる事例も多くあります。
企業のWebサイトでホワイトペーパーやサービス紹介資料をダウンロードするときなどに、メールアドレス登録が必須となっていた経験が一度はあるのではないでしょうか。
メールマーケティングは一般的なメールマガジンのように幅広い会員に対して定期的に送るだけでなく、ステップメールや特定のセグメントに絞ったキャンペーン情報を送るなど、顧客のステージに応じて様々な手法が存在します。
様々なアドレスに定期的にメールを配信する場合、適切なメール配信システムを活用することで高い費用対効果をあげることがあります。
これからメールマーケティングを始める方や現在利用しているメール配信システムの見直しを検討している方に向けて、おすすめのメール配信システム・サービスをご紹介します。
効果的なBtoBメールマーケティングの設計と考え方についてはこちらの記事もご覧ください。

メール配信システムとは?

企業や店舗からお客様や見込み顧客に向けて大量のメールを送信する場合、誤送信や送信者の個人情報漏洩を防ぐ観点から、個人で使用するメールソフト(メーラー)ではなくメール配信システムを利用することが一般的です。
完全無料のメール配信システムも存在しますが、セキュリティ対策などを考慮して、有料のメール配信システムを検討することをおすすめします。

メール配信システムの概要

メール配信システムを利用することで送信者(Fromアドレス)を複数の選択肢から選択することができたり、指定した条件のメールアドレスを自動的に抽出して送信することなどが可能になります。また、テスト配信機能を利用すれば、送った後で表示が崩れていることに気づくことも防止することができます。
メールマーケティングを実施する場合はどのタイミングで誰に送信するかなど、企業側の戦略が非常に重要となりますが、近年のメール配信システムは迷惑メール対策やステップメールと呼ばれる機能の追加、また価格競争が進んでいます。

ステップメールとは

ステップメールとは、メールアドレスを新規登録したユーザーや商品を購入したユーザーに対し、予め内容や配信日・配信間隔を指定して自動的にメールを配信することです。
ユーザーとのコミュニケーションを定期的に行なうことで自社サービスについて認知(記憶)を定着してもらうことを目的としています。
ステップメールについては、条件とその後のアクションを事前に指定する「シナリオ」を作成する必要があり、メール配信サービスを選ぶ上でステップメールを利用したい場合は「シナリオ設定数」に制限があるサービスも多いため、ステップメールを行なう場合は予め確認しておきましょう。

メールアドレスの登録、解除など

メール配信システムの多くは契約すると登録フォームや解除フォームを作成することができ、自社のWebサイトから各種フォームにリンクする流れになりますが、自社のWebサイトにフォームを埋め込むことができるものもあります。
生年月日や性別などの属性情報に関しても、登録フォームで入力された情報を使用します。
顧客データベースと連携させたい場合、データベース連携のための追加費用が数万円かかることが多いため、予算を抑えたい場合は確認しておきましょう。

送信形式について(テキスト/HTML/マルチパート)

送信するメール形式は「テキスト」「HTML」「マルチパート」の3種類が存在します。
テキスト形式の場合はメールのサイズが小さく、テキストエディタなどで簡単に作成できることが特徴ですが、デメリットとしては開封率を確認できないことが挙げられます。
HTML形式の場合、開封率などの効果測定が可能で、視覚的な効果が高いため、テキスト形式のメールよりも一般的にはクリック率などの効果が高いと言われています。細かい設定を行いたい場合はHTMLの知識が必要となりますが、テンプレートを作成するなどして作業を省力化することが可能です。
マルチパートとは送信先の環境によってテキスト形式とHTML形式のうち最適なものを表示させる形式を指します。セキュリティ上の理由などでHTML形式で受信することを拒否しているユーザーなどにテキスト形式で表示されます。テキスト形式とHTML形式双方のメリットを受けることができますが、両方の形式で作成しなければならず作業量が増加する点に留意しましょう。

メール配信システムの選定ポイント

料金体系

メール配信システムの料金体系は登録アドレス数や月間の配信通数に応じた料金設定となっていることが多いですが、配信通数は無制限で、登録アドレス数に応じて価格が決まったり、完全に固定料金となっている場合もあります。
配信通数制限がある場合、自社で計画したメールマーケティング施策が重なった場合に上限を超えてしまい、場合によっては超過料金が発生する場合があるのでご注意ください。

社内システムとの連携

自社の顧客管理システムなどと連携することで「会員登録から1年未満のお客様に送る」などの設定が可能になります。
メールアドレスの登録日や性別など、登録フォームに入力されている内容に基づいて条件を抽出する場合は連携が不要となりますが、購入データなどと連携する場合にはデータベース連携が必要となり、一般的には追加費用が発生します。

効果測定・分析機能

メール配信システムには以下のような効果測定機能が搭載されています。

  • メール内URLのクリック回数
  • メールの開封率(HTML形式の場合)
  • 配信できなかったメールアドレスの検知

また、一部のサービスでは条件付きまたはランダムに、2種類のメールを配信してどちらのメールが効果が高いかを測定する「A/Bテスト」機能が追加されていたり、プランによってはコンサルタントによる分析結果の報告を受けることもできます。

到達率を下げないための施策

数万件以上のメールアドレスに一斉にメールを送信する場合、迷惑メールフィルタリングで迷惑メールだと誤検知されないために送信する量をコントロールするなどの必要性があります。
また、オプションで正規のドメイン・サーバから送信されたことを証明する「DKIM設定」に対応するサービスもあります。

メール配信システムおすすめ5選

アスメル

アスメル

「アスメル」はステップメールに特化したメール配信サービスです。
シナリオを無制限に作成可能で、登録後365日毎日設定済みの内容で自動的にメールを配信する、といったことも可能です。
料金体系も初期費用と月額費用のみで、配信数や登録アドレスの制限がありません。
ステップメール施策を検討したい場合におすすめとなります。

・料金体系
初期費用:15,980円(税込)
月額費用:3,333円(税込)

詳しくはこちら

ブラストメール

ブラストメール

「ブラストメール」は11年連続顧客導入数シェアNo.1のメール配信サービスです。
大手企業や地方自治体などが利用しており、配信数が無制限のため、積極的にメールマーケティングを活用したい場合におすすめです。
契約時に初期費用が発生しますが、7日間の無料トライアルを使用することができます。

・料金体系(例)
初期費用:11,000円
Standardプラン(基本機能+迷惑メール対策):配信数無制限、登録アドレス上限10,000件までで月額6,600円

詳しくはこちら

配配メール

ハイハイメール

「配配メール」はアドレス登録数に応じた料金体系となっており、同じアドレスに何通送っても定額で利用できるため、少ないアドレスに複数回メールを送信する場合におすすめのサービスです。
他社の場合一部のプランで迷惑メール対策機能が除外になっていることがありますが、「配配メール」は全てのプランで迷惑メール対策がされており、迷惑メールフォルダに入りにくくなっています。
また、「Bridge」プランを契約すると、契約開始後3ヶ月間、専任のコンサルタントが自社のメールマーケティングについて目標達成に向けたフォローアップを実施します。

・料金体系
要問い合わせ

詳しくはこちら

さぶみっと!メール配信

さぶみっとメール配信

「さぶみっと!メール配信」は株式会社イー・エージェンシー(e-Agency)が1995年から提供している老舗のメール配信システムになります。
業界最安クラスの初期費用なし、月額990円(税込)からとなっており、フリーランス(個人事業主)でも気軽に登録できる料金体系になっています。
クリックカウントやHTMLの開封率など基本的な分析機能を備える他、過去に配信したメールマガジンのURLを自社サイトなどでリンクすることで、バックナンバーとして公開できる機能などが備わっています。

・料金体系(例)
ライトプラン:登録アドレス上限1,000件、月間配信数上限1,000通で月額990円(税込)
エントリープラン:登録アドレス上限6,000件、月間配信数上限60,000通で月額2,200円(税込)
データベース連携:初期費用55,000円(税込)、月額費用22,000円(税込)※オプション

詳しくはこちら

MailChimp

メールチンプ

「MailChimp」はアメリカのMailChimp社が提供しているメール配信システムです。アメリカだけでなく、世界中でメールマーケティングツールとして使われているメール配信システムになります。
Webサイトの表記が全て英語のため、英語が得意でない場合は難しいと思われるかと思いますが、全体的な使い方はシンプルで、翻訳サービスを利用してWebサイトを自動翻訳したり、日本語で使い方を解説しているページを参考にしながら利用することは十分可能です。
無料プランもありますが、チャットサポートやA/Bテストが可能である有料プランをおすすめします。

・料金体系(例)
Essentialsプラン:登録アドレス上限50,000件、月間配信数上限5,000通で月額1,150円

詳しくはこちら

まとめ

リード獲得の観点で検討した場合、SNSのフォロワーよりもメールアドレス登録ユーザーの方が商品購入までの距離が近いと言えるため、BtoCビジネスを行なっている場合でもステップメールの手法を活用することで顧客満足度を高めたり、リード獲得後の育成のためにメールマーケティングを活用することが可能です。
メールアドレスを登録することで初回クーポンを配布するなど、様々な企業・店舗の販促施策としてメールマーケティングはまだまだ価値があると言えるでしょう。
メール配信システムを選ぶ際は配信通数をあらかじめ計画立てたり、ステップメールを行なうかやどのような対象にメールを送るかなどを検討しましょう。
ディレクターバンクでは様々なWebマーケティング活動のご相談にお応えしております。
「どんなメールマガジンを作るべきか知りたい」「メールマガジンの配信を代行して欲しい」などメールマーケティングに興味をお持ちの場合は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。

Webサイト運用代行

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

山口優

2017年にIT企業を退社しフリーランスとなる。自ら企画したブログメディアやSNSを中心としたマーケティング活動を行なっている。現在は動画製作とHubSpotを勉強中。

Copyright© Web担当者のための集客ノウハウガイド , 2022 All Rights Reserved.