教えて先輩マーケター!Twitterキャンペーンの実施ってどうすればいいの?

2020年9月24日

連載企画「新米担当におすすめ!SNSマーケターへの道」。第5回は「Twitterキャンペーンを実施するには?」がテーマです。実施目的に合わせたTwitterキャンペーン企画、インセンティブの考え方、KPIの設定、終了後の分析方法など、初めてTwitterキャンペーンをやってみようという担当者の方は必見!今回の先輩マーケターは、ゲーム業界を中心に長年SNS運用を手がけてこられた、MyBS・河井良晃さんです。

MyBS河合さん 代表取締役 河井良晃さん

株式会社MyBS(マイビーエス) 《会社概要》 Twitter/Youtubeを中心としたSNS運用のコンサルティング他、ゲームなどITコンテンツの企画・開発・運営、またそのノウハウを活かしたゲーミフィケーションコンテンツの展開を企画している。(本社:京都府京都市、2003年設立。)

インタビュー担当:ディレクターバンクの高野。
新米SNS担当 高野

Twitterキャンペーンを実施する目的は?

ディレクターバンク高野(以下、DB高野):今日は、Twitterでキャンペーンを実施する際のノウハウについて、教えていただければと思います。そもそも、なぜTwitterキャンペーンを実施するのか、という基本のキから、よろしくお願いします!

MyBS河井さん(以下、敬称略):こちらこそよろしくお願いします。Twitterキャンペーンにはいろいろな種類がありますが、実施目的は、大まかに3つあると思います。

1. 新規フォロワーの獲得

MyBS河井:アカウント開設直後の場合など、もっとも多くのアカウントがフォロワー数を増やすためにTwitterキャンペーンを実施します。「フォロー&RT(リツイート)」や「フォロー&いいね」でインセンティブがもらえる座組みがもっとも一般的でしょう。

DB高野:よくタイムラインで見かけるパターンですね。

MyBS河井:フォロワーがゼロのアカウントでも実施可能です。応募方法もシンプルなので、新規で訪れるユーザーでも気軽に参加することができます。また、「RT(リツイート)」や「いいね」することを応募条件にしておくと、参加したユーザーのフォロワーにも情報が拡散されるので、キャンペーンの認知拡大につなげることができます。

DB高野:なるほど、それなら一石二鳥ですね。

2. エンゲージメントの強化

MyBS河井:すでに一定数のフォロワーがいて、ある程度運用を続けているアカウントであれば、既存のフォロワーと一緒に盛り上がることを目的としたTwitterキャンペーンの実施をオススメします。

例えば、出されたお題に対する回答を、指定ハッシュタグとともにツイートしてもらう「ツイートキャンペーン」や、アンケート機能を活用したキャンペーンなど、フォロワーを楽しませるための企画です。

DB高野:タイムラインが盛り上がりそうなTwitterキャンペーンですね!

MyBS河井:はい。ただ盛り上げて終わりにならないよう、その投稿をすることで自社製品の認知獲得やブランディングに貢献できるお題やテーマを設定することが大切です。

3. 来店・購買促進

DB高野:他にも、コンビニのアカウントなどで、参加すると店頭で使えるクーポンがもらえるTwitterキャンペーンがありますね!

MyBS河井:そうですね。Twitter上で完結するのではなく、実際の来店や購買促進へつなげることを目的にしているTwitterキャンペーンの例です。これをやりたいという企業もかなり多いと思いますが、店頭施策と絡めるとなると、社内の複数部署への掛け合いが必要になるので、十分に準備期間を見越して実施時期を検討ください。商品担当、広報、流通、など、それぞれの都合があると思いますので。

 

インセンティブって何をどのくらい準備するの?

DB高野:目的に応じたTwitterキャンペーンの全体像がつかめてきました。で、賞品は何をどのくらい準備すれば良いでしょうか?

MyBS河井:いい質問ですね。賞品を検討する上で押さえておくべきポイントは、アカウントのキャラクターに合ったインセンティブかどうか、ということです。例えば、普段、ホッコリと癒しを与えるようなツイートをしているアカウントが、いきなり「現金100万円が当たる!」と打ち出しても、唐突ですし、既存のフォロワーも魅力を感じられないでしょう。

DB高野:確かに(笑)

その他の考え方の切り口としては、このTwitterキャンペーンでしかもらえない賞品かどうか。例えば著名人をからめたTwitterキャンペーンであれば、その人のサイン入りアイテムや非売品など、一般的に出回っていないものの方が当たった時に嬉しいですよね。

また、Twitterキャンペーン実施が初めてなのであれば、景品表示法のチェックをお忘れなく。誰でも応募できるオープン懸賞であれば問題ないのですが、来店・購買促進のためのクーポンや割引券をインセンティブとする際は景品規制が発生する場合があります。Twitterキャンペーン実施前に必ずチェックしてください。

 

Twitterキャンペーン開始直後は何をすべき?

DB高野:Twitterキャンペーンが実際に始まったら、キャンペーン告知をしないといけないですよね?どんな方法がありますか?

MyBS河井:以下のような方法で、Twitterキャンペーン告知をしてみてください。

  • ユーザーにRT・いいねしてもらい、情報拡散させる
  • Twitterキャンペーンまとめサイトに掲出する
  • 自社のオウンドメディアやTwitter以外のSNSで告知する
  • TVCMなど、他の広告施策と連動して告知する
  • 店頭POPや製品パッケージにQRコードを埋め込む
  • WEB広告などの出稿

他にも、多くのフォロワー数を抱えている著名アカウント(インフルエンサー)にRT(リツイート)してもらうことも効果的です。ただし、企業からの依頼で拡散をしてくれる場合は、「PR」表記をするなど企業から頼まれた投稿であることがわかるよう配慮してください。「仕込み」だとあとで判明した場合は、炎上してしまう可能性があります。

 

TwitterキャンペーンのKPIはどうやって設定する?

DB高野:あとは、効果測定!通常の運用でもKPIを設定していますが、Twitterキャンペーン実施時はまた別のKPIが必要でしょうか?

MyBS河井:はい、その通りです。Twitterキャンペーンの効果測定のためのKPIとして一般的なものは以下です。

  • キャンペーン投稿のインプレッション(何人に見てもらえたか)
  • キャンペーン投稿のRT数やいいね数
  • キャンペーン期間中のフォロワー増加数
  • 指定ハッシュタグの投稿数
  • 他サイト(LPや購入画面)へのトラフィック数

MyBS河井:Twitterキャンペーン実施の目的に合わせて設定をしてみてください。

DB高野:わかりました!あの、他のSNS担当者さんから「Twitterキャンペーン期間が終了すると、せっかく獲得したフォロワーが減ってしまう」という話を聞いたことがあるのですが、それって本当ですか?

MyBS河井:本当ですが、そういったフォロワーの離脱は一般的なので、そう落胆しなくても大丈夫です。例えば、売り場でセールを行えば、セール期間中の売り上げは上がりますが、セールが終了すれば、通常の売り上げに戻りますよね?それと同じようなものです。私もフォロワーの離脱を見越してキャンペーン企画・実施をしています。

DB高野:そうなんですね。全く気にしなくて良いのですか?

MyBS河井:気にしなければいけないポイントは、過去のTwitterキャンペーン実施時と比較して離脱率が高くないかどうか、です。あまりにも離脱率が高い場合は、キャンペーン後の通常投稿の質に問題がある場合も多いです。前述した通り、普段の投稿とキャンペーンの内容の乖離が激しい場合は、離脱率が高くなる傾向があります

DB高野:なるほど!初めてのTwitterキャンペーン企画、うまくいかなかったらどうするか、といろいろ不安なので、少しホッとしました。

MyBS河井:私も長年、たくさんのアカウントの支援をしてきましたが、百発百中のTwitterキャンペーン実施は不可能です。いろいろ試行錯誤をしたり、他のSNSプラットフォームで同時にキャンペーンを走らせたり、うまくいかなったときこそ、その原因を分析しながら、立て直す方法を模索してみてくださいね。

DB高野:河井さん、ありがとうございました!

新規CTA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
福田貴子

福田貴子

WebメディアやSNS企業アカウントの運用中心にコンテンツ企画、制作ディレクション、ライティングまで幅広くこなす。元PRプランナー、デジタルマーケティングコンサルタントを経て2016年に独立。2020年より見積もり相場ガイド2代目編集長に就任。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2020 All Rights Reserved.