Googleデータポータルの使い方がわかる!おすすめテクニック8選!:2019年09月版

投稿日:

「Google データポータル(旧Google データスタジオ)」は、Googleが提供する、様々なデータを視覚化してメンバー間で共有することができる無料のダッシュボードサービスです。
様々な種類のデータソースと接続することが可能で、ひとつのGoogleデータポータルの画面上でまとめてレポートの自動生成をすることができる、とても便利なサービスです。
複数の管理画面からCSVデータをダウンロードして、エクセルやパワーポイントで毎回レポートを作る工数が実質ゼロになるので、見積もり相場ガイド編集部のメンバーも、このWebサイトの実績共有には、Google データポータルを使っています。

今回はGoogle データポータルをこれから始めてみようと思っているWeb担当者の方、またはGoogle データポータルはなんとなく使っているのだけど、更にいろんなテクニックを身に付けたい方を対象に、初級編、中級〜上級編に分けてgoogleデータポータルの使い方がわかる、おすすめテクニックを8つご紹介させていただきます。

初級編:データポータルの基本的な使い方を覚える

【完全保存版】無料で使えるGoogleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)のマーケティングテンプレート

【完全保存版】無料で使えるGoogleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)のマーケティングテンプレート

Googleデータポータルで見るデータソースとして、Googleアナリティクスのデータ、Googleサーチコンソールのデータ、Google広告のデータのダッシュボードのテンプレートを無料で公開しています。まずGoogleデータポータルの使い方を知るには実際のテンプレートを使って操作を実感するのが一番てっとり早いので、このサイトはとても参考になります。

→ 詳しくはこちら

Google データポータル【初級編】スプレッドシートと連携してみよう

Google データポータル【初級編】スプレッドシートと連携してみよう

Googleデータポータルは、GoogleアナリティクスなどGoogleが提供しているサービスに関しては無料のコネクタ(接続できるインターフェイス)がありますが、それ以外のデータを取り込む場合は一度Googleスプレッドシートにデータを落とし込んで、GoogleスプレッドシートからGoogleデータポータルに接続する使い方が現実的です。この記事では、GoogleスプレッドシートをどのようにGoogleデータポータルに連携させていくか、詳しい使い方が解説されています。

→ 詳しくはこちら

GoogleデータポータルでTwitterのレポートを作る方法

GoogleデータポータルでTwitterのレポートを作る方法

Googleスプレッドシートを使ったGoogleデータポータルでのレポートの作り方の一例として、Twitterのレポートの作り方を解説した記事です。Googleデータポールの使い方として、SNS関連の分析データもこのように一元化していくととても便利ですね。

→ 詳しくはこちら

【Googleデータポータル×Googleフォーム最強活用術】~ベンチャーの方必見!受注報告を手軽に無料で可視化~

【Googleデータポータル×Googleフォーム最強活用術】~ベンチャーの方必見!受注報告を手軽に無料で可視化~

Googleデータスポータルの使い方のひとつとして、Googleフォームと連携する使い方も便利です。この記事では、社内の営業メンバーがGoogleフォームを使って営業受注報告を行い、それをGoogleスプレッドシート経由でGoogleデータポータル上で簡易的に受注状況レポートを作る方法が解説されています。SFAツールを導入するほどでもないベンチャー企業さんや小さな組織では、まずこれくらいの環境から営業管理をしていくのはアリですよね。

→ 詳しくはこちら

1時間でできる!インフォグラフィックづくりで楽しく学ぶGoogleデータスタジオ

1時間でできる!インフォグラフィックづくりで楽しく学ぶGoogleデータスタジオ

Googleデータポータルで作るレポートをインフォグラフィック的な見せ方に編集していくテクニックを解説されています。Googleデータポータルでは様々なレポートのテンプレートも公開されていますが、このようにインフォグラフィック的な見せ方に加工していくととても見栄えがよくなりますね。

→ 詳しくはこちら

中級〜上級編:データポータルをさらに使いこなす。

Google データポータル(データスタジオ)「データを統合」の使い方:複数のデータソースを統合して分析

Google データポータル(データスタジオ)「データを統合」の使い方:複数のデータソースを統合して分析

Googleデータポータル上で複数のデータソースを統合させてひとつのグラフを作る方法を解説されています。日付を統合させる軸にして、日毎の最高気温と商品の売上の相関をグラフに表示するような使い方が事例として紹介されています。

→ 詳しくはこちら

Googleデータポータルで、同じダッシュボード内のグラフをデータ連携させる方法

Googleデータポータルで、同じダッシュボード内のグラフをデータ連携させる方法

Googleデータポータルの「グラフインタラクション」という機能を使って、同じレポート上のグラフデータ同士を連携させて、「1のグラフのAの項目を選択したら、2のグラフ上でもAの項目だけに絞り込んで見せる」といったフィルタ的なデータの見せ方を可能にする使い方を具体的に説明されている記事です。ここまで使えればかなりの上級者ですね。

→ 詳しくはこちら

【2019年1月ver】GoogleDataStudioで作ったダッシュボード画像をSlackで表示する方法

【2019年1月ver】GoogleDataStudioで作ったダッシュボード画像をSlackで表示する方法

Googleデータポータルで作ったレポートをSlackで共有する際に、最新のレポート画面のスクリーンショットを画像としてSlack上で表示する方法が解説されています。Googleデータポータルの使い方として、こういったテクニックを使うと、関係者内の情報共有もよりスマートになりますね。

→ 詳しくはこちら

番外編:データポータルの使い方で注意したほうがいいポイント

「全体の平均」と「平均の平均」は違う|クロス集計の落とし穴

「全体の平均」と「平均の平均」は違う|クロス集計の落とし穴

これは私自身が実際にハマった落とし穴なんですが、Googleスプレッドシートで日次のクリックスルー率やコンバージョン率をGoogleデータポータルに読み込んだ後、Googleデータポータル上で期間指定で月次のクリックスルー率やコンバージョン率を参照した際に、元データとは違う結果が出て、困ったことがありました。原因はこの記事に解説されている通りです。Googleデータポータルの使い方で注意すべきポイントとして、Googleスプレッドシートから日次の「なんらかの平均値」を取り込む場合、この落とし穴にはまらないように注意しましょう。

→ 詳しくはこちら

まとめ

Googleデータポータルでは、Facebook広告やTwitter広告など、Google以外のサービスのデータを取り込みたい場合、サードパーティーが提供する有償のコネクタで実現する方法もありますが、個人的には、初めはGoogleスプレッドシートにそれらのデータを一旦取り込んでデータポータルで表示させる使い方から始めていくことをオススメします。

Webマーケティング運営で成果を出すためには、いかに早く、コストをかけずにPDCAを回していけるか、という環境作りがとても大切です。
ぜひ、ご自身のWebマーケティングの運用環境に合わせたダッシュボード作りをgoogleデータポータルで試してみていただければと思います。

ちなみに、ディレクターバンクの「Web担アシスト」では、Googleデータポータルを使ったレポートの自動化環境の構築支援も手がけています。データの取り込みからレポート生成、関係者共有までの一連のプロセスをGoogleデータポータルをベースに、御社の運用環境に合わせて全て自動化していくお手伝いをしていますので、興味がある方はぜひお問い合わせください!(最後はPR!)

SNS、Webサイトの運用代行なら「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

棟近 直広

1996年から大手IT企業で、コンシューマ向けの新規事業企画やサービス立ち上げをプロデュースした後、2009年からは新規事業企画部門のマネジメントを手がける。2014年からは中小企業のIT活用支援を手がける事業部門をマネジメント。2017年に独立。 現在は、ディレクターバンク株式会社代表取締役、兼ディレクター

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.