インスタグラム広告費用の最新相場調査:2018年7月版

投稿日:2018年7月11日 更新日:

(2017年9月版のレポートに追加調査を行い、更新したものです)

インスタグラムは、ここ数年のユーザー急増もあり、広告を出稿する企業が増えています。インスタグラム広告は、静止画や動画の配信はもちろん、インスタグラムならではの広告形態があります。また、アプリのダウンロードへの誘導もしやすい広告ですFacebookと連携し、Facebookアカウントから出稿でき、細かなターゲティングが設定できます。 本記事では、インスタグラム広告出稿前におさえておきたい広告の種類や課金方法、ターゲティング、出稿方法など基礎知識を踏まえ、主要な広告出稿サービス会社とその費用相場を調査しました。

出稿する前に知っておきたいインスタグラム広告の基礎知識

1.広告形態は4種類

一般的な画像・動画広告の他、「カルーセル広告」「ストーリーズ広告」という形態があります。

(1)カルーセル広告

一つの投稿で3~5個の画像・動画を投稿できる広告

(2)ストーリーズ広告

「ストーリーズ」枠に配信できる広告

2.課金方法は3種類

インスタグラム広告の課金方法は3種類あります。

  1. CPM:インプレッション数
  2. CPC:クリック数
  3.  CPI:アプリダウンロード数

Web広告課金方法はCPCが多いですが、出稿金額によってはCPMの方が良い場合もあります。CPMは1,000回表示された段階で課金されます。CPIはスマホユーザーと相性の良い方法です。

3.ターゲティング設定

年齢・住所・性別などユーザーの基本属性の他、Facebookデータに基づく属性、興味・関心(インタレスト)、行動によるターゲティングが可能です。 さらに、「カスタムオーディエンス」と呼ばれる、既存顧客など既に接点のあるユーザーや、それに類似したユーザーのターゲティングも可能です。

4.出稿方法

インスタグラム広告出稿には、Facebookアカウントが必要で、パワーエディタもしくは広告マネージャーより出稿します。インスタグラムアカウントがなくても出稿できますが、あった方が活用の幅が広がります。 設定はFacebook広告と似ており、出稿の作業自体は難しくありません。ただ、広告形態や課金方法、ターゲティング設定など、選択肢がある分、運用に悩むところもあり、出稿を代行してくれる代理店などに相談するのも良いでしょう。

インスタグラム広告出稿の最新相場調査

1.ヴァンテージマネジメント株式会社

Webコンサルティング事業として、CPC/CPA重視の集客コンサルティング、データ分析に基づいたロジカルなサイト改善・制作などをトータルで提供している。インスタグラム広告、リスティング広告などの出稿も支援。B to B、B to Cともに業態問わず約1000社以上の豊富な実績がある。

顧客の特徴

  • 中小企業が多い
  • ウェディング業界の事例が多い

インスタグラム広告の活用法

  • 画像広告、カルーセル広告、動画広告いずれも多い
  • ショッピング機能も注目されている

「売上拡大をCVポイントに設定し、インスタグラムの利用が最も多い20代〜40代の女性層に絞ってターゲティングを行うことが多くなっています」(ヴァンテージマネジメント株式会社 担当者)

中心価格帯

月額10万円

  • クリック課金・インプレッション課金が多い

→ 詳しくはこちら(ヴァンテージマネジメント株式会社のサイトへ)

2.株式会社FREE WEB HOPE (フリーウェブホープ)

年間100本のペースでランディングページ制作を手掛け、LPOの実績も豊富な会社。また、Webページにマッチした広告配信など、Webマーケティングの支援も行っている。リスティング広告をはじめ、Facebook、インスタグラムなどのSNS、LINEなどの広告も常時 30〜40社ほど請負っている。

顧客の特徴

  • B to C企業が中心
  • アクセサリーや美容など女性向けのジャンルが多い
  • ニッチな商材の出稿もあり対応の幅は広い
  • 最近では副業系セミナーの広告など出稿する企業の幅が広がっている

インスタグラム広告の活用法

  • 「インスタ映え」する写真を持っていると強い

「広告出稿の目的としては、商品やサービスの認知拡大や購買増加を目的とした出稿が多くなっています」(株式会社FREE WEB HOPE 担当者)

中心価格帯

月額30万円以上の広告予算を取る例が多い

  • コンサルティングを含む支援にも対応、その場合は月額50万円前後
  • 都度見積もり

→ 詳しくはこちら(株式会社FREE WEB HOPEのサイトへ)

3.株式会社アドバン

自社でさまざまなWebメディアおよびアプリメディアを運営すると共に、広告運用やコンサルティングなどの事業も展開。モバイルインストール広告、動画プロモーションの実績多数。コミュニティアプリ案件においてインストール単価500円、月間5000インストールといった実績もあり。

顧客の特徴

  • Webやアプリ上でコミュニティを持つ企業が中心
  • マッチングアプリ、ライブ配信系アプリの広告が多い
  • ゲームやエンタメ、占い系のアプリなどもたまにある

「数年間にわたり広告動画を作ってほしい、配信用に作った動画を買い取って他でも使いたいというニーズも増えています」(株式会社アドバン 代表取締役 田中氏)

インスタグラム広告の活用法

  • 訪問歴のあるユーザー、目標CVポイントに達したユーザーの類似オーディエンスをターゲットに設定することが多い

中心価格帯

初月は月間50万円前後からのスタートが多い

  • 動画制作費を広告運用手数料に含む(動画制作費は無料)
  • 予算が少ない場合は動画制作費を有料にするなど要相談

「クライアント様の理解が高まってきているのか、ただ単に『安い単価でたくさん獲得して欲しい』から、ROASや回収率を重要指標とされて、予算運用(運用マージン制)でのご依頼も増えています」(株式会社アドバン 代表取締役 田中氏)

→ 詳しくはこちら(株式会社アドバンのサイトへ)

4.株式会社アミティエル

インターネット集客、Webコンサルティング、それらを活かした集客できるホームページ制作といった、Webマーケティングに関する幅広い事業を展開。代表的な事例として「奄美のうまい店100選」や「奄美大島開運酒造」のフェイスブック広告出稿などを手掛けている。

顧客の特徴

  • 飲食店やメーカーが多い
  • インスタグラム広告よりFacebook広告が主流

インスタグラム広告の活用法

  • 商品・サービスの認知度アップを目的とすることが多い

「ターゲティングでは、性別や年齢、趣味関心など細かく設定し、常に表示されているインプレッション課金を勧めています。アクセス解析による流入経路やユーザーの情報獲得も可能です」(株式会社アミティエル 代表 禧久氏)

中心価格帯

月額5万円以上であれば対応

  • コンサルティングに含む場合は月額30万円前後が中心価格帯

→ 詳しくはこちら(株式会社アミティエルのサイトへ)

5.テテマーチ株式会社

創業当初から、インスタグラムのビジネス活用を促進させるために、情報メディアの運営、自社のキャンペーンツールによるビジネス支援、アカウント運用支援をはじめ、さまざまな価値を提供。広告だけではなく、インスタグラムの活用全般を支援してきた経験値がある。

顧客の特徴

  • アパレル、美容、商業施設などB to Cの中でも女性向け商材の事例が多い

インスタグラム広告の活用法

  • 最近はストーリーズ広告が多い
  • ビジュアル重視の世界観にマッチしたクリエイティブが重要

「弊社のデザイナーは、インスタグラム広告クリエイティブ作成の経験が豊富なため、クリエイティブ作成から支援することが可能です。商品をいただき、Stories広告専用の動画を弊社で撮影した事例もあります」(テテマーチ株式会社 松重氏)

関連記事:相場インタビュー「インタグラムキャンペーン運用の相場は月額2万円で管理も簡単【CAMPiN】」

中心価格帯

月額50万円

  • 月額30万円から対応可能
  • 課金方法は原則インプレッション課金

→ 詳しくはこちら(テテマーチ株式会社)

6.株式会社PLAN-B (プランビー)

SEO対策・インターネット広告・WEBサイト制作・DMPを事業の柱としている。インターネット広告では、リスティング広告、SNS広告、ネイティブ広告、動画など幅広い対応。DMP事業では、国内2万以上のWEBサイトに導入実績があるユーザー解析ツール「Juicer」のサービスを提供している。

顧客の特徴

  • B to C企業がメイン
  • 若年層・女性層へのアプローチを目的とすることが多い

インスタグラム広告の活用法

  • 商品・サービスの認知度アップとした活用

「インスタグラム用に新たにKPIを設定し、インプレッション課金を推奨しています。また、効果測定として流入数や経路の解析も行っています」(株式会社PLAN-B 担当者)

中心価格帯

月額100~500万円

  • マーケティングサービスの一環として、インスタグラムを含むSNS広告出稿サービスを行っている

→ 詳しくはこちら(株式会社PLAN-Bのサイトへ)

編集部のまとめ

今回の調査概要

  1. 調査母数(問い合わせした企業数):9社
  2. 有効回答数(調査にご協力いただいた企業数):6社
  3. インスタグラム広告出稿費用の中心的価格帯は次の通りとなりました。
    月額30万円

インスタグラム広告出稿に関しては、コンサルティングも含めて運用代行を行うサービスが多くなっています。他の広告に比べると新しい手法ということもあり、コンサルティングや他の広告運用の中に含めてインスタグラム広告出稿を扱かっているケースが多いですが、広告配信のみの専門サービスも登場しています。

インスタグラムのユーザーは20代の若年層の女性がメインで、写真映えする商材や目を惹く画像を持っていると有利です。ターゲット設定がかなり細かくできるので、商材が、インスタグラムユーザーに向いている企業は一度検討してみると良いのではないでしょうか。

編集部では、調査にご協力いただける企業を随時募集しています。 調査協力に関する問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら

調査実施概要

  • 期間:2018年6月27日〜2018年7月4日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話取材にて実施

インスタグラム広告運用・マーケティング支援サービス「Web担当アシスト」

月額20万円から、あなたのアシスタントとして、経験豊富なWebディレクターがインスタグラム運用や、WEBマーケティングのお手伝いをします。

ディレクターバンクの強みは、Webサイトの運営経験豊富なディレクター人材のネットワーク。
目的に合わせて、デジタルマーケティング運営を支援するディレクターをアサインさせていただき、あなたのアシスタントとしてデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをさせていただきます。



Web担当者のための見積もり依頼先カタログ2018年版

施策別に見積もり依頼先が探せる!パートナー探しの決定版

マーケティング施策やWebの改善施策別に20種類の施策の切り口を設定し、実際の現場で活用できそうなパートナー企業をピックアップ。電話等で個別取材を行いながら情報収集したオリジナル資料です。
掲載情報はサービス単位、企業単位合わせてのべ92の情報を紹介しています。

運営会社情報

デジタルマーケティングを「Web担当者視点」で最適化する。

WEB制作会社やディレクターとの協業ネットワークを軸に、Web担当者様にとって最適な運営体制を提案してまいります。

デジタルマーケティング運営のことなら何でもご相談下さい

ディレクターバンク株式会社は、デジタルマーケティングを「WEB担当者視点」で最適化する、企画・運営支援会社です。自社サイト運用をはじめ、デジタルマーケティング運営でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

会社情報を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者が知りたいデジタルマーケティングの見積もり相場をテーマ毎に独自に取材します。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.