メルマガ企画&制作の最新相場調査:2017年10月版

投稿日:2017年10月4日 更新日:

SNSが全盛の今でも、情報発信のツールとして頻繁に使われているメルマガ。
顧客や見込み客に向けて、情報を直接届けられることが大きなメリットです。

比較的低コストでスタート出来るメリットはありますが、毎回の配信内容について頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。定期的に配信しているのに内容を読んでもらえない、読者が迷惑に感じて退会してしまう、という声も少なくありません。

そんな悩みを解決し、読者とのより良い関係性を築くためには、メルマガ制作のプロにお任せするのも有効な方法の一つです。そこで今回は、メルマガの企画と執筆に実績を持つ事業者に、月2本1,500文字程度のテキストメールの原稿制作を発注した場合の費用感について聞いてみました。

メルマガ企画・制作を依頼する上でのポイント

メルマガを企画・制作する際に最も重要なポイントは、配信の目的とターゲットを明確化しておくことです。企画制作を依頼する前に、以下の内容を社内で改めて確認しておきましょう。

1.配信目的
例)販売促進、企業ブランディング、顧客情報の収集、顧客との関係維持と見込み客への訴求など。

2.配信ターゲット

  • 顧客リストを属性ごとに整理。(性別・年代・未婚or既婚など)
  • どの属性を重視するか 具体的な配信内容については依頼時に相談することもできますが、どこまでの業務内容を依頼するかについても事前に社内で確認しておきましょう。
  • 顧客の管理方法
  • 配信内容の企画・制作
  • メール配信システムの提供
  • 配信後の効果測定
  • 次回配信のためのコンサルティング

これらの業務範囲は各社で異なっており、それぞれ得意とする業界や配信内容を持っています。

今回は、メルマガ企画&制作の相場感を3社から調査してみました。

メルマガ企画&制作の最新相場調査

1.株式会社エイジア

メール配信、顧客管理、アンケート、問い合わせ対応などを行うCRMシステム・「WEBCAS」の企画・開発が主なサービス。

「メルマガの効果を高めたい」「制作リソースがない」という企業の要請でメルマガの企画制作(コンサルティングや制作代行)も行う。ECサイトの売上が向上した実績も多数あり。

特長

  • 製造、食品、EC業界からマスコミ、エンタテインメントまで、幅広い業界に対応可能。
  • 配信目的は、販売促進、来店促進、ブランディング、お役立ち情報の提供による顧客育成、アンケートやキャンペーンの告知など。
  • 効果測定は、提供しているシステムを使ってクライアントが自ら行うケースが多いが、依頼があればサービスとして提供している。

中心価格帯

初期:100,000円
月額:120,000円

→ 詳しくはこちら(株式会社エイジアのサイトへ)

2.株式会社熊野ウェブサービス

電話打ち合わせにより、全国からの依頼にも対応。メルマガの企画制作から効果測定までを代行している。WEBページのコンテンツ投稿なども請け負っており、複数のプロライターと協業しながら、ホームページやメールを使った集客マーケティング方法を顧客に提供している。

特長

・コンサルティング会社、NPO団体からの依頼が多い。

・ニュース記事、お役立ち情報、よくある質問、ケーススタディ、イベント開催結果などを主に配信し、効果測定まで対応可能。

中心価格帯

初期:100,000円
月額:30,000円

→ 詳しくはこちら(株式会社熊野ウェブサービスのサイトへ)

3.株式会社ロコモ&コモ

広告コピーやコンテンツ原稿、取材レポート、放送台本など、文章という表現方法に特化した制作活動を行っている。メルマガ制作では企画から原稿制作まで対応。メルマガの内容によっては、インタビューや写真撮影も実施する。オールジャンルに対応できる自社のスタッフが制作を担当している。

特長

・不動産業界、IT業界、スポーツ業界、ホテル業界などからの依頼が多い。
・内容は生活情報、イベント紹介・レポート、一般知識(法律、税金、不動産、サブカル情報)などがメイン。
・なるべく新しい情報を提供するために、 WEBからの情報だけではなく、取材や関係者インタビューなども行っている。
・基本は企画・取材・原稿制作までの対応だが、依頼によっては配信後の効果測定まで請負可能。

中心価格帯

初期(企画料): 80,000円
月額:30,000円

→ 詳しくはこちら(株式会社ロコモ&コモのサイトへ)

編集部のまとめ

今回の調査結果:メルマガ制作の費用相場「3〜12万円」

今回の調査では、下記の仕様で調査しました。

  • 1500文字程度のメール原稿(HTMLメールではない)
  • 製品情報などの素材はクライアント側から提供
  • 月2本の納品

調査に協力してもらえる事業者を見つけるのが大変で、レポート作成は苦戦しました。回答者数が少なく価格差も大きいため、今回のレポートは参考程度にご覧いただいたほうが良さそうです。

実際にメルマガ制作されている現場では、クライアント側の要望に応じて稼働範囲や業務仕様のバラツキが大きく、統一的な費用相場を聞かれても回答しにくいという背景があるのかもしれません。

また、配信後の効果測定は自社で行うことも出来ますが、企画制作と一緒に依頼することもできます。継続して読んでもらえるメルマガを運用していくためには、配信後の分析も考えておくことが大切です。

調査実施概要

  • 期間:2017年9月4日〜2017年9月21日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話取材にて実施

デジタルマーケティングBPO「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.