Web担当者のための集客ノウハウガイド

Web担当者のための集客ノウハウガイド

Webマーケティング代行会社おすすめ10選・2022年8月版

2022年8月11日

Webマーケティングは集客や購入促進、再訪問・再購入促進やリアル店舗への送客などを目的として、メール、ランディングページ(LP)制作、広告運用、オウンドメディア運用、SNS運用などさまざまな施策があり、また施策を実現するためのツールも数多く存在しています。

Webマーケティング業務を担当する中で

  • Webマーケティングについてどの施策がすべきかわからない
  • Webマーケティングに取り組んでいるものの思うような成果が出ない

という課題にお困りの方は多いのではないでしょうか。

このような場合にはWebマーケティング運用代行会社に委託することで課題解決につながる可能性が高くなります。

今回はWebマーケティング運用代行を利用するメリット、具体的な企業やサービス、選定時のポイントについて解説します。

Webマーケティング代行を利用するメリットとは?

Webマーケティングはメール、SNS、SEO、広告などを組み合わせて実施し検証を繰り返すことで効果を発揮します。

Webマーケティング運用代行会社に委託するメリットは豊富なノウハウを基に戦略立案、企画検討や運用を行ないながら、自社の工数を省力化できることにあります。

自社で担当者を育成するリスクの回避ができる

最小限の人員でビジネスを行なっている場合、Webマーケティングの運用のために専門の人員を配置することは難しいことが多いでしょう。また、他の業務と兼務させてしまうと、Webマーケティング業務と他の業務で兼ね合いが難しくなったり、他の業務が疎かになってしまうなどのデメリットが発生する可能性があります。

また、自社で担当者を育成した場合、担当者の退職などが発生すると費用やノウハウの喪失が起こり会社にとってロスが発生してしまいます。

Webマーケティング運用代行会社に委託すると、会社の人材を本来のビジネスに集中させることができ、非属人的な知見の蓄積が可能です。

専門家のアドバイスや業界の最新情報を得ることができる

Webマーケティング運用代行会社に委託すると、IT業界に精通したディレクターが中心となって戦略を立案・実行します。定例的なミーティングなどで進捗を確認しつつ、両者で設定したゴールに向かい運用を行ないます。

運用代行については工数を省力化できるだけでなく、特に広告運用については高度の技術が求められるため、自社の担当者を育成しても運用が成功するとは限らず、専門家に一任する方が好ましい場合もあります。

多様な施策に対応できる

WebマーケティングはメールやSNS活用、ランディングページの作成や改善、オウンドメディアの企画運用、広告運用など様々な手法が存在します。その全てを自社で知見を蓄積し、実施するのは中小企業などの場合は難しいことも多いでしょう。

Webマーケティング代行会社の多くはこれらの様々な施策について横断した知見を有しているので、SNS広告とランディングページを組み合わせるなど、複数の手段を組み合わせた施策を提案、実行できることもメリットと言えます。

長期的な関係を築くことでより深い知見を蓄積できる

オウンドメディアの運用など、Webマーケティング施策の中には、効果が出るまで半年から1年間の期間がかかる場合もあります。そのため、より深い知見を貯めるためにはWebマーケティング代行会社と長期的な関係になることでWebマーケティング施策のメリットが多いです。

Webマーケティング代行おすすめ会社10選

Webマーケティングを代行する会社は総合的にサービスを展開している場合と、特定の領域に特化している企業があり、最適な会社を見つけることが難しいことも多いため、おすすめの会社を10社ご紹介いたします。

WEBマーケティング会社とインターネット広告代理店の違いについてはこちらの記事をご覧ください。

1.ディレクターバンク株式会社

ディレクターバンク株式会社

「ディレクターバンク株式会社」は180名を超えるWebサイトやSNSの運用経験豊富なWebディレクター人材ネットワークを有しており、どんな課題でも最適な施策を提案することができます。

単なる作業代行ではなく、月1回以上の進捗確認ミーティングを行なうことでPDCAを回しています。

Instagramを活用した集客マーケティングやリアル店舗への送客など、導入事例がホームページに多数掲載されています。

・金額概算

下記基本プランの場合 月25万円から対応可能

  • 御社の課題、施策に合わせたスキルを持った運用代行ディレクター1名アサイン
  • 業務は基本リモートワークで実施
  • 月1回の定例MTG
  • 週1日(月4日)の稼働

詳しくはこちら

2.株式会社バリューエージェント

株式会社バリューエージェント

「株式会社バリューエージェント」は中小企業のWebマーケティング支援に特化しており、サイト制作、運用やSNS活用、コンテンツマーケティングなどを一括して提案する会社です。

広告運用については広告費の予算が30〜50万円の中小企業・ベンチャー企業を多く担当しており、大手広告運用会社にはないきめ細やかな運用を行なっています。

2019年の調査では90%を超える企業が契約を更新しており、高い満足度を維持しています。

・金額概算

マーケティング業務アウトソーシングサービス 初期費用30万円(税抜)、月額20万円(税抜)、最低契約期間6ヶ月

サイト分析プラン 初期費用30万円(税抜)、月額15万円(税抜)、最低契約期間1ヶ月

(リスティング広告プランとセットで申し込むことを推奨)

リスティング広告運用プラン 初期費用6万円(税抜)、広告予算25万円以上、運用手数料5万円

詳しくはこちら

3.プラスファクトリー株式会社

プラスファクトリー株式会社

「月額20万円からのコンサルティング」をキーワードにサービスを展開しています。月額20、30、40万円の3タイプのプランを基本とし、オプションとしてリスティング広告運用などを提供しているため、費用を把握しやすくなっています。

同社はコンサルティングが中心なので、SNS運用代行などは提供していませんが、20万円プランでもヒートマップツールによる解析やペルソナ設定のサポートを受けることができます。

・金額概算

月1回のコンサルティング、Webサイト改善案の提案など 月額20万円(税抜)

上記に加えカスタマージャーニーマップの作成など 月額30万円(税抜)

上記に加えMAツールの導入提案、土日祝のサポートなど 月額40万円(税抜)

その他オプションとして

ホームページ制作 150万円(税抜)から

SEO対策 月額15万円(税抜)

リスティング広告運用 運用額の15%から

詳しくはこちら

4.株式会社Lunaim

株式会社ルネイム

「株式会社Lunaim」は100を超える勝ちパターンを保有するデジタルマーケティング集団を標榜しており、Webサイト制作、オウンドメディア企画運用、デジタル広告運用などを提供しています。

2020年には株式会社ボーダーレスとの共同プロジェクトとして、動画を活用したオウンドメディア制作・運用支援サービス「Tsutaeru」をリリースしています。

・金額概算

オウンドメディア運用費 月額15万円から

デジタル広告運用費 広告費用が月額70万円以下の場合は15万円固定

詳しくはこちら

5.株式会社ユナイテッドリバーズ

株式会社ユナイテッドリバーズ

「株式会社ユナイテッドリバーズ」はリスティングやSNS広告運用を中心に支援サービスを提供しています。

同社の特徴は月2社限定で完全成果報酬型の契約でサービスを提供している点です。デザインなどの好みに関する対応など一部を除き、追加費用なしで成果報酬に応じた支払いが可能です。

リスティング広告運用についても、広告費の割合(%)に応じた手数料ではなく月額固定のため広告を無駄に配信して手数料が増えてしまうということがありません。

また、デザインの修正なども請け負うことができるため、ABテストや迅速なデザイン修正が追加費用が発生することなく対応が可能です。

・金額概算

完全成果報酬または月々30万円から

詳しくはこちら

6.株式会社シスプロ

株式会社シスプロ

「株式会社シスプロ」ではWebマーケティング運用代行として、リスティング広告の運用代行などを提供しています。

Google広告やYahoo!広告の運用代行のほか、ホームページ制作やランディングページ制作を合わせて委託するとよりスムーズなプロモーションを実施することができます。

・金額概算

リスティング広告運用代行として 媒体別の広告費:月額5万円以上 運用管理費:広告費の15%

ホームページ制作費 40万円程度(トップページ+下層ページ5ページ+問い合わせフォーム+確認画面+完了画面の場合)

ランディングページ制作費 ライトプラン:99,800円から

詳しくはこちら

7.株式会社ライトアップ

株式会社ライトアップ

「株式会社ライトアップ」はコンテンツマーケティング支援会社としてオウンドメディアの運用やランディングページ制作、SNS運用代行などを行なっています。

SNS運用代行については、これまで累計1,300万を超えるフォロワー数を獲得しており、投稿案の企画制作と投稿を月額10万円から請け負っています。

また、月間98本のメルマガを納品しており、ランディングページと連動させたメルマガの発行なども実施可能になっています。

・金額概算

SNS運用代行 月額10万円から(月5本の企画制作と週1回の投稿)

詳しくはこちら

8.株式会社Gugenka

株式会社グゲンカ

「株式会社Gugenka」はVRキャラクターのプロデュースやアニメに関連するアプリ開発を主力事業としていますが、年間200件以上の相談実績を元にSNSを中心とした支援サービスを提供しています。

導入事例としては大手エンターテインメント企業においていいね!の数が7年で約500倍になった実績があります。

ホームページ上に細かな料金プランが掲載されており、予算感を掴みやすいメリットもあります。

・金額概算

基本料金 月額12万円(税別)に加えて下記プランなどが追加で発生

投稿一任プラン(注) 月額15万円

アカウント制作代行 7万円(税別)

(注)原稿作成から投稿までを一任するプラン

詳しくはこちら

9.株式会社デジタルトレンズ

株式会社デジタルトレンズ

「株式会社デジタルトレンズ」はリスティング広告、SNS広告の他、SNS運用代行やSEO対策など幅広いサービスを提供しています。

リスティング広告に関しては500社以上の利用実績、最低契約期間は1ヶ月から可能で初期費用がかからず必要に応じてランディングページの制作も可能です。

SNSはTwitter、Instagram、Tiktok、YouTubeチャンネルなどの運用代行が可能です。

また、ホームページ上でお役立ち資料としてリスティング広告、SNS広告などの成功事例などを提供しています。

・金額概算

リスティング広告運用代行 運用手数料は広告費の20%、最低契約期間1ヶ月

SNS運用代行 月額15万円から、クリエイティブ制作1枚5,000円から、最低契約期間6ヶ月

詳しくはこちら

10.株式会社ゼロセット

株式会社ゼロセット

「株式会社ゼロセット」はホームページ制作支援のほか、ホームページの集客や顧客獲得について総合的に支援しています。

独自のヒアリングシートを使用して課題のヒアリングを行なったり、競合分析やアクセス解析を基に戦略を策定します。

要件定義、設計開発、効果検証まで一貫したサポートが強みとなっています。

・金額概算

ランディングページ・キャンペーンページ制作 15万円から

ブランディングサイト・小規模コーポレートサイト 30万円から

中規模~大規模コーポレートサイト 50万円から

詳しくはこちら

Webマーケティング代行会社を選定する際のポイント

予算の設定

Webマーケティング代行を委託する場合、担当者の育成を行う必要がない代わりに委託費用が発生します。

作業量が増えると費用が増加してしまうため、まずはどの程度の予算を確保できるかが優先課題になります。予算が把握できないと代行企業側もどのような作業を提案して良いかがはっきりしないため、商談が進まないこともあります。

施策を行う目的を明確にする

運用代行会社を決定する前提として、Webマーケティング施策を行う目的を明確にする必要があるでしょう。

見込顧客を増やすのか、既に顧客となっているお客様を再購入につなげるのかなどを決めることで施策の全体像が見えるようになり、どんな運用代行会社を探すべきかが見えてくるようになります。

代行会社が業界に関する知見があるか

代行会社の選定にあたり、Webマーケティング代行を委託する予定の企業が以前同じ業種の企業を担当していた経験がある場合やその業種を専門としている場合は業種特有の専門用語や法律などについて知見があるため安心といえるでしょう。

ホームページの導入事例なども参考としながら、代行会社を選定する前に似た業種の経験があるなどを確認してみましょう。

ゴールの設定

運用代行会社決定後に重要となるのが「ゴールの設定」です。発注のタイミングで何を目標とするかを明確とし、委託内容もゴールの達成のための手段として必要な施策とする必要があります。

月間や週間のコンバージョン数やSNSのフォロワー数などゴールは様々ですし、予算やWebサイトの状態などによって左右されるため適切なゴールは個別に異なりますが、事前に擦り合わせて決定するようにしましょう。

まとめ

Webマーケティング代行会社は多数存在し、その強みも各社毎に異なるため、自社に合った会社に委託するためには、自社が抱える課題を代行会社に相談し、提案内容が課題解決に相応しいプランがどうかを見極めることが重要です。

Webマーケティングで解決する課題は「集客」であることが多いですが、その解決方法はサイト制作・リニューアル、広告運用、SNS運用、オウンドメディア運用のどれが正解かは模索していくことが多いので、代行会社が得意とする領域は広い方が望ましいでしょう。

ディレクターバンクではWebマーケティングをこれから始めたい企業や課題解決のためのパートナーをお探しの方からのご相談をいつでも受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。

新規CTA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

山口優

2017年にIT企業を退社しフリーランスとなる。自ら企画したブログメディアやSNSを中心としたマーケティング活動を行なっている。現在は動画製作とHubSpotを勉強中。

Copyright© Web担当者のための集客ノウハウガイド , 2022 All Rights Reserved.