ソーシャルリスニングサービスの最新相場調査:2019年11月版

投稿日:

(2017年7月版のレポートに追加調査を行い、更新したものです)

商品開発やプロモーションにTwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSを活用する企業が増えています。しかし、SNS上の膨大な投稿データからなにを分析したら良いかわからない、自社でアカウントを運用しているものの管理しきれない、あるいは効果が見えないといったWeb担当者の声も耳にします。

そこで役立つのが、ソーシャルリスニングツールです。ソーシャルリスニングでは、SNSの投稿データを分析し、市場調査や競合調査を行います。また、自社アカウントの運用管理や効果測定ができるSNS分析ツールもあります。本記事では、ソーシャルリスニングツールについて、それぞれの特徴や相場感を調査しました。
→ ソーシャルリスニングの運用代行なら「Web担アシスト」

ソーシャルリスニングとは?

ソーシャルリスニングとは、SNSの投稿データから次のような分析をするツールです。

  • 業界のトレンド、ユーザーニーズなどの市場調査
  • 自社、競合を含めたブランド調査

SNSの投稿からは、より率直なユーザーの考えや行動を読み取ることができます。そのため、商品開発やWebマーケティング施策の企画などに活用されるほか、炎上対策にもなります。

日本国内で主流のSNSは、Twitter、Facebook、インスタグラムです。いずれにも対応できるツールもあれば、いずれかに特化したツールもあります。Twitterは拡散力が強いですが、インスタグラムは若い世代や美容・ファッションに強いなど、SNSごとの特徴があるので、商材やターゲット層に強いSNSを分析できるツールを選ぶ必要があります。

また、上記の分析に加えて、次のような機能があるSNS分析ツールもあります。自社でアカウントを運営している場合は、こういった機能のあるツールを選ぶと良いでしょう。

  • 自社アカウントの運用管理、投稿の効果測定
  • キャンペーンなどプロモーション施策の効果測定

ソーシャルリスニングサービスの最新相場調査

1.comnico Marketing Suite(コムニコ マーケティングスイート)

LMGグループの株式会社コムニコが提供するSNSアカウントの統合管理ツール。ツール提供だけでなく、SNSアカウントの開設・運用から広告運用、インフルエンサーのネットワークやSNSユーザーに対するブランド調査など、SNSマーケティングに関する支援全般を行っています。

ツールの特長

  • モニタリング機能、投稿機能、レポーティング機能など
  • 複数のSNSアカウントの一元管理、多岐に渡る情報の分析 業務の効率化や日々の運用改善が実現

「モニタリングの設定画面で、監視ワードを設定することにより、特定のワードが含まれたツイート、自社アカウントへのコメントやメッセージを収集できます。複数アカウントを一元管理し、情報を分析することで、業務の効率化や運用改善が実現できます」。(株式会社コムニコ 担当者)

利用者の特徴

次のような課題が多い。

  • 複数のSNSアカウント運営を効率化したい
  • 日々の投稿管理にかかる作業を効率化したい
  • 毎月のレポート業務や効果測定にかける時間を削減したい

「さまざまな業界の企業さまをはじめ、広告代理店や制作会社さまにも導入いただいています。特に複数のSNSアカウント運用や、複数人でSNSを管理されている企業さまから日々の運用効率化に関するご相談を多くいただきます」。(株式会社コムニコ 担当者)

中心価格帯

初期費用:10万円
月額費用:5万円

  • 1契約 3アカウントまで、競合アカウントは各SNS10アカウントまで
  • 1アカウント追加で月額10,000円
  • 競合アカウント数 10アカウント追加で月額10,000円

「弊社ではSNS運用支援のノウハウを活かし、お客様視点に立った使いやすいツールの開発を徹底しています。日々のSNSアカウント運用に課題をお持ちの方はお気軽にお問合せ下さい」。(株式会社コムニコ 担当者)

→ 詳しくはこちら(comnico Marketing Suiteのサイトへ)

2.コミュニケーションエクスプローラ(株式会社サイバー・コミュニケーションズ)

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)が提供するソーシャルリスニングツール。CCIは、インターネット広告に関する事業を幅広く展開、メディアと広告主・広告会社双方に向けたソリューションを提供しています。その中で誕生したのがソーシャルリスニングツールです。

ツールの特徴

  • 最大420日間のTwitter投稿数(全数)を短時間でカウント
  • Twitterデータは2007年から全量データで提供
  • 文脈から判断した感性(ポジネガ)の判定方法(3段階、48種類の感性を抽出)
  • 1アカウントで複数名利用できるなど、低コストで利用可能
  • 活用するデータの深堀調査ポイントの発見の速さ

利用者の特徴

  • B to C向け業種のクライアントが多い(飲料、ゲーム、食品、映画など)
  • プロモーションを企業に対し提案している企業の利用も多い (Web制作会社、ネット広告代理店、コンサルティング会社など)
  • 製品・サービスの改善、PRの効果検証に有効

「低コストで早く、マーケティング活動・商品企画・営業企画・リスク管理に活用できるデータが欲しいといった課題が多いです。利用目的が明確になっているか確認の上、ソーシャルリスニングをご検討いただけると、有効的にご活用いただけます」。(CCI 担当者)

中心価格帯

初期費用:10万円(税別)
月額費用:14万円(税別)~

「検討の際に、気をつけていただきたい事が2つあります。 1つ目は、ソーシャルリスニングは主に過去と現在、自社と競合他社などの、"データを比較する"ことになります。従って、ポジティブ、ネガティブ判定のデータ精度が高いこと、比較できる媒体データが多いものをご検討ください。2つ目は導入後にコストUPの懸念が少ないサービスを選択することになります。調査対象期間等、利用したいデータの変更によりコストが大きく変わるサービスがございますのでこの点もご注意ください」。(CCI 担当者)

→ 詳しくはこちら(コミュニケーションエクスプローラーのサイトへ)

3.Boom Research(ブーム リサーチ)

株式会社トライバルメディアハウスが開発、提供。トライバルメディアハウスは、定番から最新の手法まで、マーケティングに精通している会社。コンサルティングを始め、マーケティングツールの開発やメディア運営も手掛けている。ソーシャルメディアマーケティングにも強い。

ツールの特長

  • 国内主要ブログの90%以上、250以上のWEBニュース媒体やTwitter全量データの分析が可能
  • コンサルティングおよびソーシャルリスニングレポートの作成も対応
  • 3年2ヶ月の期間を遡ることができる

「操作は3ステップで完了し、分かりやすいインターフェイスで利用しやすいツールとなっています。3年2ヶ月の期間遡ることができるのはソーシャルリスニング業界でも最長です」。(株式会社トライバルメディアハウス 担当者)

利用者の特徴

  • ソーシャルメディア上のユーザー評価を把握、分析したい企業

中心価格帯

初期費用:10万円
月額費用:19万円(プロフェッショナルプラン)
※利用期間:6ヶ月~
※以下の4プランがある

  • ライトプラン:月額12万円
  • ベーシックプラン:月額16万円
  • プロフェッショナルプラン:月額19万円
  • エンタープライズプラン:月額34万円

※分析データ量が月30万件以上の場合、10万件追加で月額1万円

「1ヶ月目で目的やKPIの認識、2〜3ヶ月目で分析の切り口や軸を定めるとともに、社内共有資料の作成や展開をするなどツールの活用範囲を適時拡大し、4ヶ月目以降でPDCAサイクルを実施します」。 (株式会社トライバルメディアハウス 担当者)

→ 詳しくはこちら(Boom Researchのサイトへ)

4.クチコミ@係長

株式会社ホットリンクが提供するソーシャルリスニングツール。ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータの収集と、それらのを支援するクチコミ@係長を始めとしたクラウドサービスを提供しています。また、分析エンジン・UIの開発、それらを基軸としたコンサルティング事業も展開。

ツールの特長

  • 検索できるデータソース数は590億
  • Twitterは全ツイートをカバー
  • 累計利用者数約19000社

「検索条件は1度に最大10条件まで利用できます。これを最大限活用することや、男女、地域、年代、職業など多様な切り口で深く調査することで、うまくツールを活用することができます」。(株式会社ホットリンク 担当者)

利用者の特徴

以下のような課題が多い。

  • プロモーションの効果測定がしたい
  • 市場調査による現状把握のため

中心価格帯

初期費用:10万円~
月額費用:15万円前後
利用期間:6ヶ月~

  • モニタリングのデータソース数により料金変動
  • Twitterや2ちゃんねるなどのデータソース追加で月額2万円

→ 詳しくはこちら(クチコミ@係長のサイトへ)

5.Insight Intelligence Q(インサイト・インテリジェンスQ)

Insight IntellifenceQ

データセクション株式会社が運営するソーシャルリスニングツール。ソーシャルメディア分析ではツール提供だけでなくリサーチも手掛ける。その他、風評リスク対策やAI画像分析、オンラインデータ収集・分析をベースとしたソリューション開発など、データ収集・分析に関して独自のシステム開発を得意とする。

ツールの特長・ツール活用による効果

  • マーケター視点でわかりやすいデータをアウトプット
  • SNS上の膨大なデータを収集、分析するシステムを独自開発
  • 拡散プロセス機能:話題のワード・テーマの拡散過程を分析できる
  • アカウント分析機能:特定のアカウントの投稿を分析できる
  • Twitterに特化して分析。必要に応じて他のSNSも扱う可能性あり

「『Insight Intelligence Q』は、弊社が2011年から提供してきたソーシャルメディアリスニングツール『Insight Intelligence』をリニューアルしたもので、現在は両方を並行して提供しています。機能で競うというよりも、マーケターがほしい切り口でアウトプットをするという点が、このツールの他とは違う位置づけです」。(データセクション株式会社 担当者)

利用者の特徴

  • 広告代理店、PRエージェンシーの利用が多い
  • 自社ブランドを複数もつ食品・日用品メーカーの利用も多い
  • 商品PR、商品開発に活用される

「たとえば、『歯磨き』に関するSNS上の投稿を分析することで、歯磨きに関する商品の意外な利用シーンが見つかるかもしれません。それがPRのヒントになったり、商品開発のヒントになったりします」。(データセクション株式会社 担当者)

中心価格帯

初期費用:無料
月額費用:10万円(税別)

  • 2週間の無料トライアルあり
  • データ量に関わらず定額

→ 詳しくはこちら(insight intelligence Qのサイトへ)

編集部のまとめ

  1. .調査母数(問い合わせした企業数):9社
  2. 有効回答数(調査にご協力いただいた企業数):5社
  3. ソーシャルリスニングサービスの中心価格帯は次の通りとなりました。
    1)初期費用:10万円
    2)月額費用:15万円前後

ソーシャルリスニングツールでは、TwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSを始めとして、ツールによってはブログやニュースサイト、口コミサイトなど、膨大なユーザーの投稿データを分析できます。

ただ、商材やターゲット層によって必要なSNSのデータは異なるので、まずはそれに対応したツールを選ぶと良いでしょう。たとえばTwitterの分析だけで良いなど、分析データが狭まればその分料金を抑えることもできます。初期費用がかからないツールもあります。

ソーシャルリスニングツールをうまく活用するには、分析データの活用目的を明確にすることが重要です。たとえば、商品開発のヒントを探すのか、自社のブランド評価を調査するのか、販促施策のための市場調査なのかなど、目的によってデータ分析の対象や方法が変わります。

ソーシャルリスニングツールのなかには、自社アカウントの運用管理や投稿の効果検証ができるものもあり、SNS分析ツールとも呼ばれます。自社でアカウントを運用している場合は、そういった機能も含むツールが便利です。あるいは、ツール活用も含めたソーシャルメディア(SNS)運用を代行する方法もあります。
→ ソーシャルリスニングの運用代行なら「Web担アシスト」

編集部では、調査にご協力いただける企業を随時募集しています。 調査協力に関する問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

https://www.webtanguide.jp/contact

調査実施概要
  • 更新1回目:2018年4月24日〜2018年5月8日
  • 更新2回目:2019年10月28日〜2019年11月10日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話取材にて実施

SNS、Webサイトの運用代行なら「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者が知りたいデジタルマーケティングの見積もり相場をテーマ毎に独自に取材します。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.