商品紹介用のアニメーション動画制作の最新相場調査:2017年8月版

投稿日:2017年8月2日 更新日:

ここ近年、アニメーション動画によって自社商品やサービスをWEBサイト上で紹介する企業が増えています。文章よりも訪問者の目に止まりやすく、情報を伝えやすい、実写動画よりも表現が自由、導入コストが低予算など多くのメリットが挙げられます。そこで今回は、自社商品説明用として1分程度のアニメーション動画制作の発注から納品までのフローや、相場を調査してみました。

商品紹介用のアニメーション動画制作とは?

  • 自社ホームページ上で使用することを主としたアニメーション動画で、尺が1分程度のコンパクトなものが多い
  • 自社ホームページで紹介するほか、Facebook、TwitterなどのSNS、セミナーでのプレゼンテーション時に活用可能
  • 無形サービスやシステムの紹介に適している ・見た人の記憶に残りやすい
  • シンプルかつ要点を絞った演出が可能
  • 実写動画では再現しにくいものが表現可能
  • 実写動画では刺激が強い表現も柔らかく抽象的に表現可能
  • 実写動画より低予算
  • 多言語化しやすい
  • 納品後の修正が行いやすい

一般的な制作フローは以下の通り。

  1. パワーポイント等で、商品説明資料を作成
  2. 商品説明資料を元に、動画の絵コンテを作成
  3. アニメーション制作

そんなアニメーション動画制作の相場を5つ調査してみました。

マーケティングオートメーションツールの最新相場調査

1.InSync株式会社 FILMBANK(フィルムバンク)

コマーシャル動画を通してWEBマーケティング支援を行うInSync株式会社が運営するアニメーション動画制作サービス。独自の制作フロー「ストーリーボード」工程により、完成イメージをフルカラーのイラストベースで再現している。また動画制作後にカスタムサムネイルも無償で提供している。

より満足する動画を作るコツは?

パソコンだけでなく、スマホ・タブレットに完全対応させ、動画マーケティングを行う

どんな業種や商材の企業が多い?

医療施設や大学、機械メーカー、ソフトウェア開発メーカーなど

価格、導入イメージ

●料金が変動するポイント

  • 表現手法

●中心価格帯

  • 30〜50万円

→ 詳しくはこちら(FILMBANKのサイトへ)

2.株式会社サムシングファン

TVCMやYouTube活用などの映像制作や映像制作内製化支援を行う株式会社サムシングファン。フィリピンの映画制作会社DreamLine Productionsと事業提携を結び、英語をはじめとする多言語対応に特化。また素材をWEBフォームから入稿して3日で30秒アニメーション動画(8万円〜)が制作できる画期的なサービスプラン「VEND(ベンド)」も展開している。

より満足する動画を作るコツは?

・YouTubeなどを参考に作りたいイメージを明確にする ・映像活用の効果をシミュレーションする

どんな業種や商材の企業が多い?

IT、食品、不動産、人材育成など

価格、導入イメージ

●料金が変動するポイント

  • ナレーションやテロップなど制作工程の違い

●中心価格帯

  • 30〜50万円
  • 150〜200万円

→ 詳しくはこちら(サムシングファンのサイトへ)

3.株式会社プルークス

動画マーケティング事業を展開する株式会社プルークス。500名以上のクリエイターを抱え、予算に応じてキャラクターアニメーション、インフォグラフィック、3DCGなど様々なアニメーションに対応可能。

より満足する動画を作るコツは?

目的や表現方法を明確にする(認知度アップ、話題性の獲得、明確なメリット訴求など)

どんな業種や商材の企業が多い?

無形サービスやITシステムの紹介動画制作

価格、導入イメージ

●料金が変動するポイント

  • イラスト点数
  • 3DCGやピクトグラムなど表現手法の違い

●中心価格帯

  • 50〜80万円前後

→ 詳しくはこちら(株式会社プルークスのサイトへ)

4.Crevo株式会社

世界100ヶ国以上のクリエイターネットワークを持つCrevo株式会社。独自のディレクション支援システム「Basecamp」を駆使して、制作進行を一元化。チャットによるタイムリーなやり取りや修正依頼が行える。制作実績は500社超。

より満足する動画を作るコツは?

  • 動画イメージを明確に持つ
  • 自社のニーズに合ったクリエイターを選択

どんな業種や商材の企業が多い?

アプリやWEBサービスを中心とした自社商品の紹介

価格、導入イメージ

●料金が変動するポイント

  • イラスト提案数

●中心価格帯

  • 50〜100万円

→ 詳しくはこちら(Crevoのサイトへ)

5.株式会社CMサイト ビジネスアニメ

インターネット広告媒体の開発運営を行う株式会社CMサイト。これまでCMサイトの運営を中心に活動してきたが、増加傾向にある動画制作ニーズの対応に「ビジネスアニメ事業部」を立ち上げる。制作した動画は自社媒体で配信し、効果を測定・分析しPDCAサイクルが実施可能。2,400社、16,000本の制作実績あり。

より満足する動画を作るコツは?

明確なKPIを持つ

どんな業種や商材の企業が多い?

健康食品の販促用動画

価格、導入イメージ

●料金が変動するポイント

  • 作画レベル

●中心価格帯

  • 1分……40万円

→ 詳しくはこちら(CMサイト ビジネスアニメのサイトへ)

編集部のまとめ

今回の調査で、1分程度のアニメーション動画の制作にかかる費用相場は、約20〜50万円という傾向が見えてきました。また制作プランや作画レベル、表現手法などの違いによっては、価格が変動することもわかりました。

しかし、より満足のいく動画を作るためには、最終目標やKPIを設定し動画マーケティングを有効活用すること、また作りたい動画の表現方法のイメージを明確にすることが大切です。

ただ漠然と自社商品を紹介するだけの動画を作成するのではなく、他社の動画やYouTubeなどを参考に、どんな表現方法や用途で動画を活用するか考えておくと良いでしょう。

調査実施概要

  • 期間:2017年7月8日〜2017年7月15日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話取材にて実施

デジタルマーケティングBPO「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.