コーポレートサイトリニューアルの予算感は、50〜100万円【発注ナビ】

投稿日:2017年8月30日 更新日:

WEB担当者にとって、制作を依頼するパートナー探しは大きな課題。どうしたら自分たちのニーズにあった制作会社を見つけられるか分からないという人も多いのではないでしょうか。そんなとき頼りになるのが、マッチングサービスです。マッチングサービスとは、自社で実行できない案件を抱える企業に、技術とマンパワーを供給できる制作会社を紹介するサービスで、発注側、受注側のミスマッチを防ぐサポートをしてくれます。今回はWEB制作の初心者にも丁寧な対応をしてくれる、発注ナビ株式会社の取締役副社長・浅井英行氏、ユーザー開発部マネージャーの山下潤一氏に話を聞いてみました。

ITの知識があまりない方がコンタクトしてくるケースも多い

自社では解決できない案件を抱える企業にとって、どの業者に仕事を任せるかの判断は重要なポイントです。しかしここでミスをしているケースが非常に多い。それを防ぐために、依頼側のニーズを聞き、それを確実に解決できる業者を紹介するのがマッチングサイトです。

私たちはIT案件に特化して、発注者と制作・開発企業をつなぐマッチングサイト「発注ナビ」を2010年から運営しています。これまで3000件以上の案件に最適なパートナーを紹介してきました。

私たちにお問い合わせいただく発注者は、社員数300人以下の企業が約75%。窓口はWEBやシステム担当者ばかりではなく、営業や総務担当であることも少なくありません。ITに関して専門の知識があまりないポジションの方が「まずは相談してみよう」とコンタクトしてくるケースも多いのです。

3〜4割がWEBサイト制作の問い合わせ

寄せられる案件の内容は非常に幅広いのですが、業務系システムの開発に関するものが6、7割。その他3、4割がWEBサイトの制作に関するものです。最近では単なるWEBサイトの立ち上げやシステムの改良というものではなく、オウンドメディアの運用や採用サイトのブランディングなど、コンテンツ制作の要望を含む相談も増えてきました。その場合は初期の構築だけでなく、その後の継続的な運営も見据えてタッグを組めるパートナーを紹介するようにしています。

私たちの専門スタッフは、そんなさまざまなレベルのユーザー目線に合わせながら、ご要望の本質を探るヒアリングを行います。いわゆる「一括見積もり」サービスをするマッチングサイトの中には、直接的なヒアリングを行わないところも存在しますが、私たちの相談は電話が基本。会話をして、その印象をマッチングの際の判断材料の一つとして活用する意図があります。その後1件あたり3〜5社を紹介し、直接面談。双方が完全に理解した上で見積もりを作るという流れになります。

私たちが紹介するのは、基本的に法人として業務を請け負う会社のみ。フリーランスは確かにコスト的には得かもしれませんが、長期的な信用面を考慮し、紹介することはありません。

コーポレイトサイトリニューアルでは50〜100万円の案件が多い

寄せられる案件の規模感は、例えばコーポレイトサイトのリニューアル案件(WordPress利用、スマホ対応、フォーム設定、オリジナルデザイン)だと10ページ程度のボリュームで50〜100万円といったゾーンが多いです。

候補となる会社を紹介してから大概は1、2ヶ月後にはマッチングが成立し、実際の作業がスタートしています。ですからリニューアルしたい時期の最低3ヶ月前ぐらいには相談いただけると良いと思います。

ベストなマッチングとするためには、以下の内容を固めて頂くとよいでしょう。

  1. WEBサイトの立ち上げやリニューアルの目的(集客なのか、デザインの改良なのかなど)
  2. 現状の自己分析(困っていること、どこまで進んでいるかなど)
  3. 参考にすべきWEBサイト(特にどの部分が気に入っているかなど)

予算や納期は、相談時にはっきりとしているのが理想的ですが「これを依頼すれば、いくら掛かる、いつできる」という見当もつかない方もいると思います。その段階でもお気軽にご相談してもらって構いません。逆に経験豊富な専門スタッフが、現実的な予算感と納期をアドバイスすることも可能です。

編集部のまとめ

WEBサイトの立ち上げやリニューアルに多く関わった経験があるのであれば、その予算や規模に応じて依頼すべき制作会社やシステム会社のリストが自分の中で出来上がっているかもしれません。でも、そこまでの 担当者がいる企業は多くないのが現状ではないでしょうか。

そんな時に、気軽に相談に乗ってもらえ、予算や納期の目安を示したうえで、それに合った制作会社を紹介してもらえるマッチングサイトを利用する価値は大いにあります。

今回のインタビューで、発注ナビに多く寄せられるWEBサイト案件は50〜100万円くらいのコーポレートサイト制作ということが分かりました。デザインやコーディングのみといったベーシックなものから、システム開発が絡むものまで、まずは発注ナビに相談してみると良いかもしれません。

また、リニューアルに要する期間は3ヶ月程度ということですが、その辺りも参考にしてみると、全体的なスケジュール感も見えてくるでしょう。まずはWEBサイトリニューアルをうまく進めるための第一歩として、コンタクトしてみることをお勧めします。

発注ナビの公式サイトはこちら

発注ナビ

Web担当者向け企画・運営支援サービス「Web担当アシスト」

月額20万円から、あなたのアシスタントとして、経験豊富なWebディレクターがデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをします。

ディレクターバンクの強みは、Webサイトの運営経験豊富なディレクター人材のネットワーク。
目的に合わせて、デジタルマーケティング運営を支援するディレクターをアサインさせていただき、あなたのアシスタントとしてデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをさせていただきます。

Web担当者のための見積もり依頼先カタログ2018年版

施策別に見積もり依頼先が探せる!パートナー探しの決定版

マーケティング施策やWebの改善施策別に20種類の施策の切り口を設定し、実際の現場で活用できそうなパートナー企業をピックアップ。電話等で個別取材を行いながら情報収集したオリジナル資料です。
掲載情報はサービス単位、企業単位合わせてのべ92の情報を紹介しています。

運営会社情報

デジタルマーケティングを「Web担当者視点」で最適化する。

WEB制作会社やディレクターとの協業ネットワークを軸に、Web担当者様にとって最適な運営体制を提案してまいります。

デジタルマーケティング運営のことなら何でもご相談下さい

ディレクターバンク株式会社は、デジタルマーケティングを「WEB担当者視点」で最適化する、企画・運営支援会社です。自社サイト運用をはじめ、デジタルマーケティング運営でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

会社情報を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者が知りたいデジタルマーケティングの見積もり相場をテーマ毎に独自に取材します。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.