MEO対策

MEO対策会社に運営を依頼する場合の最新相場調査:2019年7月版

投稿日:2019年7月3日 更新日:

実店舗・施設への効果の高い集客方法として注目を集めているのが、Google検索でGoogleマップ上位表示となるためのMEOです。MEO対策は、Googleの無料ツール、Googleマイビジネスの利用が基本となりますが、情報更新や口コミの管理、成果測定などがうまくできないという課題も少なくありません。そんな場合はMEO対策会社のサービスやツールを活用するのもおすすめです。本記事では、主要なMEO対策会社について、そのサービス・ツールと相場観を調査しました。

そもそもMEOとは

MEOは、「Map Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション)」の略。MEOのMapとは、Googleマップのことを指します。つまりMEOとは、Googleマップ検索で特定の店舗や施設を上位表示させるための対策のこと。Googleマップでは「地名+キーワード」で検索されることが一般的で、MEOは「ローカルSEO」とも呼ばれています。

Googleマップに表示されるためには、まず、GoogleマイビジネスというGoogleの無料ツールに登録する必要があります。ただ、必要な情報を登録しただけでは上位表示は難しいでしょう。Googleマップの検索順位には、以下3点が影響しています。

  1. 検索キーワードと店舗の関連性
  2. ユーザーと店舗の距離
  3. .店舗の知名度

1は、Googleマイビジネスにおける適切な情報やキーワードの設定、投稿の充実など、2は、SNSによる拡散や口コミの収集などが対策となります。Googleマイビジネスは、独自サイトを持たずとも登録できますが、独自サイトを持つほうが上位表示に有利なようです。

こんな方(企業)におすすめ

  • 実店舗や施設を持ち、特定の地域で集客を行いたい
  • コストを抑えて店舗・施設への集客施策を行いたい
  • 店舗・施設の認知度を上げたい
  • 競合店舗・施設との差別化を図りたい
  • Googleマイビジネスに登録しているがGoogleマップ検索で表示されない

MEO対策で期待できる効果

MEOで期待できる効果は、まず、特定の地域での集客アップです。

Google検索では、通常、一番上にリスティング広告、次にGoogleマップ、そして自然検索の結果が表示されます。このとき、Googleマップでは、上位3位の店舗・施設が表示され、「さらに表示する」を押すと4位以下の店舗・施設が表示されます。

MEO対策によりGoogleマップ検索の上位、特に3位以内に入ることで、ユーザーの目に留まり、来店につながりやすくなります。来店には至らなくても、店舗情報や口コミ、サイトを見てもらうことで、認知アップにはつながるでしょう。

MEOはSEOに比べて実施している企業がまだ少ないようです。また、独自サイトを持つすべての企業が対象になるSEOに対して、MEOは実店舗・施設を持つ企業のみが対象となることもあり、順位を上げやすくなっています。競合との差別化にもなるはずです。

Googleマイビジネスは無料ツールであり、SEOや広告運用に比べるとMEOははるかにコストを抑えられます。

ただ、情報更新や口コミ管理などでわかりにくい、煩雑な点もあり、活用が進まないとう状況もあるようです。そんなときは、MEO対策のツールやサービスを利用することで、Googleマイビジネスを効率的に利用できるようになり、MEO対策が進むのではないでしょうか。

MEO対策会社に運営を依頼する場合の最新相場調査

1.360株式会社

360

葛飾区柴又と中央区銀座にあるWebマーケティング会社。MEO対策の他にもWebマーケティングに関するさまざまなサービスを手掛ける。LP制作、Webサイト制作を始めとして、360度VR動画制作、Googleストリートビュー撮影、ドローン空撮などのサービスを提供している点が特徴的。

サービスの特長

    • 複数対応:Googleマップ以外に、Appleマップ、Bingマップなど複数に対応
    • 初期費用のみ:掲載順位・掲載期間に関係なく、初期費用しか発生しない
    • 安心サポート:機能追加などのサポートを3ヶ月間提供
    • Googleストリートビュー撮影もOK:Google認定フォトグラファーであり、ストリートビュー撮影にも対応

    利用者の特徴

    • 新店舗開業時の店舗、飲食店・レジャー施設・公共施設が多い

    「地図情報の最適化により『集客を底上げしたい!』というお舗、「ブランディングをしたい!」という企業様のニーズにお応えしています。新規開業で知名度を向上させたいお店、ショッピングモールの中で埋もれてしまっているお店、近隣に競合店が増えてきてしまったお店などからのご発注が多いです。なかには、1ヶ月で3倍に閲覧数が伸びた飲食店の例もあります」。(360株式会社 代表 伊藤氏)

    中心価格帯

    初期費用:15万円(税込)

    • 初期費用のみ
    • 保守管理・セキュリティが必要な場合のみ月額費用が発生する

    → 詳しくはこちら(360株式会社のサイトへ)

2.株式会社コーボー

コーボー

マーケティング事業、クリエイティブ事業、人材関連事業を主軸としている会社。マーケティング事業では、SEO、コンテンツマーケティングを強みとしている。MEO対策もマーケティング事業のサービスのひとつ。2018年からはメディア事業も展開、「生活トラブル本舗」など業界特化のサイトを運営している。

サービスの特長

  • 業界トップクラスの実績:利用実績3,000店突破、上位表示率:88%以上(3年連続)
  • 初期費用0円:トライアルあり、契約期間4カ月~
  • 業界最安値の料金体系:成果プラン、固定プラン共に最適な料金プランを選べる

「MEO対策サービスに関して、事業開始から9年目は当社のみです。長年培ってきたノウハウと実績が競争優位性を持っています。初期費用無料、着手金なしでトライアルを用意している点も好評です」。(株式会社コーボー 代表 成田氏)

利用者の特徴

  • 業界:1.飲食 2.整体・整骨 3.歯科
  • 規模:個店の比重が大きいが、中小~大企業まで一括で依頼あり
  • 課題:一例として、以下のような課題認識と導入背景がある―SEOよりも施策費用が安く、費用対効果が高そうだったから
    ―スマホユーザー向けのWEB集客を重要視していたから
    ―競合が自社店舗よりも高い位置に表示されていたため
    ―店舗の持つ予算内で、他施策よりも始めやすかったから
    ―成果報酬プランもあり、まずは安心して始められたので

「実店舗でサービスを提供されていて、WEB集客に重きを置いている業界や商圏であれば、多業種でご利用いただくことができるサービスとなります」。(株式会社コーボー 代表 成田氏)

中心価格帯

月額:21,700円(日額:700円)

  • 成果報酬型サービスの利用が多い(上記料金で継続利用)
  • 初期費用無料、着手金なし
  • 契約期間4カ月~
  • トライアルあり

→ 詳しくはこちら(株式会社コーボーのサイトへ)

3.株式会社トライハッチ

トライハッチ

O2Oマーケティングに特化したWebコンサルティング会社。エリアマーケティング事業、レピュテーションリスクマネジメント事業、Webコンテンツ事業を主軸としてサービスを展開している。MEO導入800店舗の実績があり、さまざまなWebソリューションでローカルビジネスの集客を支援している。

サービスの特長

  • 順位計測ツールやインサイト確認ツール
  • 口コミ促進ツール
  • 800店舗の導入実績

利用者の特徴

  • 業種:美容/飲食/歯科医院/iPhone修理/買取が多い
  • 規模:個人経営の店舗・クリニックから全国展開している企業まで幅広い

「今までポータルサイトの広告掲載やリスティング広告に予算を割いてきたお客様が多く、費用対効果の高い施策を行いたいというニーズが多くあります。事例のひとつとして、全国に60店舗展開する脱毛エステ会社様で、ROAS900%を超えた事例があります」。(株式会社トライハッチ 代表取締役 武藤氏)

中心価格帯

日額1,000円、月額上限31,000円の成果報酬(もしくは月額1.5万円の固定報酬)

→ 詳しくはこちら(株式会社トライハッチのサイトへ)

4.株式会社coco

coco

株式会社cocoは、位置情報写真共有アプリケーション等の開発から始まり、2017年に「口コミ獲得支援サービス coco」をリリースした。MEO対策において、口コミは表示順位を上げるために重要な要素であり、cocoを活用することで、その口コミの獲得・管理が効率化される。

サービスの特長

  • 本質的なMEO対策(口コミ獲得)にスポットを当てている
  • SMSを利用したシンプルな口コミ依頼サービス
  • 無料オプションとしてGMBチェッカー(※)やwidgetを用意

GMBチェッカー
MEO対策に必要な、Googleマイビジネス(GMB)の充実度合いを点数化した、coco独自の開発ツール。cocoの利用有無に関係なく利用できる。この点数とヒントに基づき、足りない部分を補充していくことで、自然とMEO対策の土台ができる。

「弊社サービスはよくあるMEOサービスとは少々異質なものかと思います。まず、成果報酬型ではなく月額型のサービスになっており、なおかつ『口コミ獲得』にフォーカスしたサービスとなっております。成果報酬型ではないのは『位置情報』で検索結果を操作できてしまうから、『口コミ獲得』に特化しているのは、それが本質的なMEO対策であると考えているからです」。(株式会社coco 担当者)

利用者の特徴

  • 業界・業種:リフォーム業者、カーディーラー、脱毛サロン、歯科医院が多い。その他、多岐にわたる業種で活用あり
  • 規模:1店舗オーナーから全国100店舗以上を展開している大企業までさまざま
  • 下記のような課題を抱えるクライアントが多い
    ―口コミが大事なのは分かっているが、集めるのが難しい
    ―1つの悪評(口コミ)が業績に与えるダメージが大きい
    ―新たなマーケティングの打ち手を探している

「MEOの成果については、6月20日現在、『世田谷+リフォーム』で1位、『名古屋+口腔外科』で2位、『渋谷+整体』で2位といった実績があります。その他に多数実績があり、弊社サイトでも紹介しております」。(株式会社coco 担当者)

中心価格帯

1店舗あたり月額9,800円(税込)〜

  • MEO以外のさまざまなオプション等も含めて数万円で利用する例も

→ 詳しくはこちら(株式会社cocoのサイトへ)

編集部のまとめ

今回の調査概要

  1. 調査母数(問い合わせした企業数):9社
  2. 有効回答数(調査にご協力いただいた企業数):4社
  3. MEO対策会社に運営を依頼する場合の中心的価格帯は次の通りとなりました。
  • 月額1万円~3万円前後

MEO対策を専門の会社に依頼する場合、成果報酬型となることが多いようですが、それがすべてではなく月額固定型や初期費用のみというサービスもありました。その場合も、およそ上記相場に収まるので、MEO対策は比較的費用を抑えてできる集客施策と言えます。

店舗や施設への集客方法として、SEOやリスティング広告を利用することもありますが、いずれも費用が高騰しており、費用対効果が低いという問題があります。その解決策となり得るMEO対策には、ぜひ着手しておきたいところです。

Googleマイビジネスは無料で利用できるツールですが、情報更新や口コミ管理がわかりにくかったり、効果測定がうまくできなかったりします。そういった点でつまずいている場合、本記事で紹介したような専門のサービスやツールを導入することで、多少費用はかかりますが、作業を効率化し、費用対効果を上げることが期待できます。

調査実施概要

  • 期間:2019年6月20日〜2019年6月28日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話・メール取材にて実施

編集部では、調査にご協力いただける企業を随時募集しています。
調査協力に関する問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。
https://webtanguide.jp/contact

SNS、Webサイトの運用代行なら「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
河村 郁恵

i.kawamura

山口県出身。王朝文学が好きで研究者を夢見て大学で国文学を専攻するも、方針転換で就職。新卒で入社した会社でネットショップ運営に携わり、カスタマーサポートから商品開発、プロモーションなどを経験。その後、EC業界向けメディアに転職。編集部でメディア運営や業界紙の制作ディレクションを経験した後、フリーのライター・編集者として独立。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.