【無料】検索順位チェックツール9選まとめ:2018年10月版

投稿日:2018年10月10日 更新日:

編集部の平尾です。

競合調査におすすめのWeb分析ツール9選!2018年3月版」の記事からスピンアウトして、ここでは内部SEO対策&分析に必要な「検索順位チェックツール」の無料版をご紹介します。

自社の検索順位はGoogle Search Consoleでも調べることが可能ですが、同キーワードで対策をしている競合他社の順位はGoogle Search Consoleでは調べることはできません。そんな時無料検索順位チェックツールは便利です。

まとめるとこんな使い方を考えている方にオススメです。

  1. 対策キーワードのYahooとGoogleの順位をそれぞれ知りたい
  2. 競合他社の対策キーワード順位を知りたい
  3. 自社で公開した記事がGoogleにindexされているかを知りたい
  4. とりあえずすぐ掲載順位を確認したい

1. SEOチェキ

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:10キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:PC順位のみのため不可

無料ツールでは1番人気と思われる検索順位チェックツール。検索順位チェックの他にも「サイトSEOチェック」「キーワード修験頻度」なども確認できて、無料なのに優れものです。

→SEOチェキはこちら

2. 検索順位チェッカー

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:5キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:可能

Google、Yahooのパソコン、スマホ順位チェックに加えてBingの検索順位もチェックが出来ます。同時に5キーワードをチェックすることが可能です。

→検索順位チェッカーはこちら

3. SEPROSCOPE

取得できる情報

  • 登録URL:無制限
  • 同時チェック対策キーワード数:無制限

完全英語版ですが、キーワードとURLは無制限というのが最大の特徴です。インストール型なので、スマホや様々な環境で気軽にチェックすることはできません。

→SEPROSCOPEはこちら

4. SEO TOOLS

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:3キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:可能

同時に3キーワード、パソコン、スマホの順位チェックが可能です。サジェストキーワードも表示され、無料簡易版としては十分な機能です。

→SEO TOOLSはこちら

5. ファンキーランキング

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:5キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:可能

調査したいキーワードの1位から100位までのサイトURLを確認することができるので、上位サイトの記事と自社の記事の違いなどを分析することができます。単なる順位チェックというよりは、記事修正時の分析ツールとして活躍できそうです。

→ファンキーランキングはこちら

6. ドッチモ

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:3キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:可能

PCとモバイル対策キーワードも3つまで同時チェック可能。ユーザーインターフェースもスッキリ見やすいですね。

→ドッチモはこちら

7. SEOピッシュ

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:3キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:PC順位のみのため不可

キーワードは同時に3つまで。パソコン版しかチェックできないのが少し残念です。

→SEOピッシュはこちら

8. GRC

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:3キーワード
  • 競合チェック:不可
  • モバイル順位チェック:PC順位のみのため不可

インストール型検索順位チェックとしては老舗のGRCです。有料版で使用することが前提の無料版です。有料版GRCを検討されている方にはおすすめです。

→GRCはこちら

9. Gyro-n SEO

取得できる情報

  • 登録URL:1URL
  • 同時チェック対策キーワード数:10キーワード
  • 競合チェック:1サイト
  • モバイル順位チェック:可能

1URL、1競合サイト、10キーワードまでなら無料で使用できます。
有料プランに関してはあらかじめ用意されているプランの他、キーワード数、競合サイト数、登録サイト数をオプションで追加することもできます。

→Gyro-n SEO担当者に聞く相場費用感はこちら
→Gyro-n SEOはこちら

まとめ

SEO施策でどこまで掲載順位を分析したいかによって、無料か有料ではできることが変わってきます。ただ、最初は検索順位がどんなものか、または自社の WEBサイトのGoogle評価がどのようになっているかを知るという点では無料ツールでも十分要望を解決できます。
用途や、自社の取り組みに合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

Web担当者のための見積もり依頼先カタログ2018年版

施策別に見積もり依頼先が探せる!パートナー探しの決定版

マーケティング施策やWebの改善施策別に20種類の施策の切り口を設定し、実際の現場で活用できそうなパートナー企業をピックアップ。電話等で個別取材を行いながら情報収集したオリジナル資料です。
掲載情報はサービス単位、企業単位合わせてのべ92の情報を紹介しています。

運営会社情報

デジタルマーケティングを「Web担当者視点」で最適化する。

WEB制作会社やディレクターとの協業ネットワークを軸に、Web担当者様にとって最適な運営体制を提案してまいります。

デジタルマーケティング運営のことなら何でもご相談下さい

ディレクターバンク株式会社は、デジタルマーケティングを「WEB担当者視点」で最適化する、企画・運営支援会社です。自社サイト運用をはじめ、デジタルマーケティング運営でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

会社情報を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
平尾 美絵

m.hirao

世界最大級人材サービス会社にてWEBディレクターを9年、その後Global Clients solution事業部にて、本社オランダや、世界各国の同事業部とのコミュニケーション、情報共有、来日時の対応に従事。2人目出産のタイミングで退職し、2012年にフリーランスWEBディレクターとして独立。2017年よりディレクターバンクスタートアップメンバーとして見積もり相場ガイド編集長を担当。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.