LPテンプレートColorful(カラフル)

LPテンプレート「カラフル」を使った感想【結論】LP作成初心者はこれでいいかも

2020年6月17日

「WordPress上でランディングページ(LP)が制作できるテンプレートで、ネット上での評価の高い、Colorful(カラフル)が気になる」

「Colorful(カラフル)を実際使ってみた人の感想を聞いてみたい」

そんな疑問をお持ちの方向けに、実際Colorful(カラフル)を使ってみて感じたメリット、デメリットを解説していきたいと思います。

本記事の内容

  • Colorful(カラフル)はこんな人にオススメ
  • Colorful(カラフル)のメリット、デメリット
  • 購入方法と手順
  • Colorful(カラフル)のオススメの使い方

ちなみに今回、Colorful(カラフル)を使って、こんなデモLPを作ってみました。

Colorful(カラフル)デモLP1

Colorful(カラフル)のテンプレートをダウンロード購入したその日に、さくっと作ってみた感じです。どうですかね?LPっぽい感じしますかね?

このLPを実際に作っていく中で思ったColorful(カラフル)の感想を紹介したいと思います。

 

LPテンプレート「カラフル」を使った感想【結論】LP作成初心者はこれでいいかも

Colorful(カラフル)はこんな人にオススメ

結論としては、自分でPhotoshopなどのデザインツールが使えない人や、HTMLとかCSSでLPを自力で作れない人にとっては、まずこれでLPを作成してみるってのはアリだと思いました。

例えば、個人事業や小規模ビジネスをやっている方が、自分のビジネス用のLPを作る感じなら、このテンプレートで十分じゃないかな、と思います。

値段的にも8,760円(税込)でテンプレートをダウンロード購入すれば、期間に限定なく、また複数サイトで使えます。

通常、LPのデザインやコーディングを制作会社に頼むと、相場的には30〜50万円とかかかってしまうケースもあるので、それと比較すると、かなりリーズナブルな投資だと言えると思います。

Colorful(カラフル)のメリット、デメリット

Colorful(カラフル)のメリット

WordPressを使って、さくっとおしゃれなLPが作れる

最短3分で作れる、とColorful(カラフル)のサイトではうたっていますが、確かにそれくらいの勢いで簡単にLPが作れました。

WordPressの「固定ページ」を使って、LPを作成していくのですが、編集画面にある「カスタムボタン」にLP作成に必要な要素がすべて入っていて、好みの要素を選びながらページを組み立てていく感じでLP制作ができます。

LPテンプレートColorful(カラフル)管理画面

↑ プルダウンメニューから必要なパーツを選択すると、作成中のページにパーツが付け足されていく感じで編集ができる。

一通りの機能や演出要素は盛り込んである

ファーストビューに出てくる画像とキャッチコピーの組み合わせヘッダーデザインの作成、スマホ対応したレスポンシブデザイン、ショッピングのLPなどでよく目にする「カウントダウンタイマー(締め切りまであと何時間的な)」など、LPを作る上で必要となる一通りの機能や演出要素はだいたい盛り込んである感じです。

また、ボタンやファーストビューのヘッダーデザインのテンプレートのバリエーションが豊富なのも、Colorful(カラフル)の良さだと思いました。

使い方サポートや、成功するためのLP作りのノウハウ提供も充実している

Colorful(カラフル)の使い方については、各操作項目ごとに説明動画が用意されているので、初心者の人でもそんなに迷うことなく、Colorful(カラフル)でLPを作成することが可能になっていると思います。

また、操作サポートだけでなく、どんなLPを作成すればランディングページからのコンバージョンを増やすことができるか、ノウハウ部分の提供もColorful(カラフル)購入者向けにきめ細やかにされています。

Colorful(カラフル)のデメリット

LPテンプレートColorful(カラフル)用のWordPressをもうひとつ用意する必要がある

Colorful(カラフル)はLP制作に特化したWordPressの有料のテンプレートです。なので、今使っているWordPressにColorful(カラフル)を設定すると、サイト全体のテンプーレートデザインがColorful(カラフル)に切り替わってしまいます。

他のコンテンツにもColorful(カラフル)のテンプレートが適用されるのが問題な場合(おそらくこちらのケースの方が多いと思いますが)、Colorful(カラフル)用のWordPressをもう一つ用意する必要があります。

イメージとしては、既存のサイトが

https://www.aaa.co.jp

というドメインでWordPressなどでWebサイトを作っていたとしたら、

Colorful(カラフル)用のWordPressを

https://www.aaa.co.jp/lp/

とか

https://lp.aaa.co.jp

といったURLでもうひとつ用意する感じになると思います。個人的には、前者の

https://www.aaa.co.jp/lp/

の形で、Colorful(カラフル)用のWordPressを設定するほうが初期設定は楽かなと思います。

同じドメインの配下にもうひとつWordPressを追加してインストールする方法は、各レンタルサーバーのサービス事業者さんのほうで説明しているところがあるかと思いますので、そちらを参考にしてください。

問合せフォームは別に用意する必要がある

Colorful(カラフル)は、WordPress用のデザインテンプレートなので、それ自体に「フォーム機能」や「メールマガジン登録・配信機能」はふくまれていません。

Colorful(カラフル)で作るLP上に、このような「フォーム機能」や「メールマガジン登録フォーム」を埋め込みたい場合は、別のサービスを使って連携させる必要があります。

細かいレイアウト調整やデザインチューニングには限界がある

手軽にLPが作れる分、ページの細かいデザインレイアウトのチューニングなどには限界があると思います。

 

Colorful(カラフル)の購入方法と手順

1.Colorful(カラフル)の公式ホームページにアクセスする。

Colorful(カラフル)の公式サイトはこちらからアクセスできます。

LPテンプレート Colorful(カラフル)TOP

2.ページ下部にある「Colorful(カラフル)の購入はこちら」ボタンを選択

Colorful(カラフル)の公式サイト自体がすごく長いLPになっているので、ページ下部になかなかたどり着けないのですが(苦笑)、たまにページ中に、ページ下部にリンクしている「Colorful(カラフル)の購入はこちら」ボタンが出てきますので、注意して探してみてください。(笑)

LPテンプレート Colorful(カラフル)購入ボタン

3.注文内容を確認してページ下部にある「Colorful(カラフル)の購入はこちら」ボタンを選択

Colorful(カラフル)はデジタルコンテンツ販売サイトの「インフォトップ」というサイトで販売されています。はじめて「インフォトップ」でコンテンツを購入する場合は「初めてインフォトップをご利用の方はこちら」を選択して、決済情報を始め、必要な情報を入力して購入手続きを行います。決済手段はクレジットカード、銀行振り込み、郵便振替、コンビニ決済、BitCash、ちょコムeマネーに対応しています。

LPテンプレート Colorful(カラフル)購入確認

 

Colorful(カラフル)のオススメの使い方

問合せフォームや資料ダウンロードフォームは、HubSpotのリーズナブルなプランを契約して、HubSpotで管理するのもアリ

前述の問合せフォームについては、HubSpotのMarketing Hub Starterあたりのプランを契約して、HubSpotのCRM(リード顧客管理)、フォーム機能、メール配信機能をColorful(カラフル)で作成したLPに組み込むのが、将来的な拡張を考えるとオススメです。

ちなみに、HubSpotのMarketing Hub Starterは、月額4,800円で、1,000件までのリード管理が可能です。

あんまりColorful(カラフル)のパーツを使いすぎるとギラギラしたLPになってしまうので、程よく使うのがコツ

Colorful(カラフル)のLP制作に慣れてくると、いろんな要素をLPに盛り込みたくなります。あまりやりすぎると、某ショッピンモールみたく(苦笑)、ギラギラしたLPになって、訪問者視点でみるとちょっと引きそうになるので、ほどほどに使うのがオススメです。(笑)

Colorful(カラフル)の公式サイトへ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

棟近 直広

1996年から大手IT企業で、コンシューマ向けの新規事業企画やサービス立ち上げをプロデュースした後、2017年に独立。 現在は、ディレクターバンク株式会社代表取締役、兼ディレクター

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2020 All Rights Reserved.