Webアンケート(クイックサーベイ)の最新相場調査:2017年10月版

投稿日:2017年10月11日 更新日:

オウンドメディアの運営や、コンテンツマーケティングを活用しようとすると、避けて通れないのが”ネタ切れ”リスクです。この対策として「20代女性100人に聞きました」といった形でWebアンケートを実施し、その回答を元に記事を作成するのも有効な一つの手段です。また、最近よく見かける形として、アンケート結果をプレスリリース配信し、集客に繋げるケースも増えて来ています。

Webアンケートの質問を自分で作成したとしても、属性などを限定して多くの回答を集めるのは大変な作業です。そこで、アンケート調査会社にWebアンケート実施を依頼する場合、どのくらいの費用が相場となるかを調べてみました。

Webアンケートの一般的な実施フロー

今回の相場調査は、設問数10件&サンプル数(回答数)100件の簡易調査(クイックサーベイ)を行なうことを前提に調査しました。 一般的な調査までの実施フローは次の5ステップになります。

  1. 調査票(質問項目)作成 クイックサーベイでは、発注者側で質問を作成するケースが一般的。調査会社で質問の作成、もしくは作成支援をしてくれる場合もあります。
  2. アンケート画面作成&確認 調査票をベースに調査会社でアンケート画面を作成。発注者側で調査会社のシステムにログインして作成出来るサービスもあります。
  3. スクリーニング 調査会社が保有するモニター(「パネル」と呼ぶケースもある)から、発注者のリクエストに沿った回答者を選別する予備調査を行います。調査会社によっては、別途費用が発生するケースもあります。 ※モニターにはアンケートを収集するためだけに会員を集める場合(純粋モニター)と、別のサービス(例えばコミュニティサイトやメールマガジンなど)で集めたユーザーに対してアンケート調査を行う場合の2パターンがあります。
  4. 調査開始 一般的に2日から3日(早ければ24時間以内)で調査完了するケースが多いです。
  5. 納品物 Excel形式の生データ(ローデータ)が一般的。調査会社によっては、詳細分析可能な独自ツールをブラウザ経由で提供している場合もあります。クロス集計は別途費用が発生するケースが多いです。

そんなWebアンケート会社を5つ調査してみました。

Webアンケートの最新相場調査

1.アイリサーチ

アイリサーチを提供する株式会社ネオマーケティングは総合型マーケティング支援企業で、PRコンサルティングやWeb制作、メディア発信なども行なっています。 アンケートリサーチ事業は業界随一の豊富なリサーチ手法と高精度な調査設計力で確かな調査結果を提供しています。

特長

アイリサーチの特徴は、アンケート調査のためだけに集められた「純粋モニター」327万人の中から回答者を抽出出来ることです。純粋モニターは、回答率が高く、効率的に回答を集められます。

価格、導入イメージ

10問100回答で平均74,000円(スクリーニング費用別途)。

調査開始から納品までは2〜14日程度。

→ 詳しくはこちら(アイリサーチのサイトへ)

2.マーシュ

株式会社マーシュはリサーチ専門の会社です。Webアンケートだけでなく、グループインタビューなども対応可能です。モニター会員数は約82万人で、 「純粋モニター」からの回答が可能です。

「見積もりは必要事項が揃っていれば最短即日提供可能です」広報担当者の方のコメント)

特長

シニア層のモニターを5万人抱えていて、高齢者向けのアンケートに強い点が特長です。

「20,30代と比べても回答意欲が高く、自由記述欄にもたくさんコメントをいただくことが多いです」(広報担当者の方のコメント)

価格、導入イメージ

10問100回答で平均50,000円。

調査開始から納品までは4〜10日程度。

→ 詳しくはこちら(マーシュのサイトへ)

3.モニタス

モニタスはヤマダ電機などの企業と連携することでモニターを収集し、リサーチを受託している会社です。これにより517万人のモニターを集め、サンプル数を確保しにくいアンケートにも強い点が特長です。 コンテンツとして活用することが目的の大量のリサーチをモニタスで企画する「コンテンツマーケティング特化型アンケート」も受託しています。

特長

通常のアンケートでは、性別の選択肢は「男性」または「女性」の2つになっているのが一般的ですが、モニタスでは約2400名の性的マイノリティーに特化したパネルがあり、アンケート調査が可能です。これにより性的マイノリティー向けの商品・サービスを検討中の方が参考となるデータを収集することが出来ます。

価格、導入イメージ

10問100回答で平均70,000円。

調査開始から納品までは3〜4日程度。

→ 詳しくはこちら(モニタスのサイトへ)

4.Fastask

「ATOK」などの製品で有名なジャストシステムが提供しているアンケートリサーチサービス。同社の強みである日本語処理認識技術とアクティブモニター140万人が大きな強みです。出現率(スクリーニング)も無料で調査可能です。

特長

「Fastask」は規約に同意すれば無料トライアルが可能。実際にどんな画面が出てくるか、確認することができ、オンラインで見積もりを取得することも可能です。

価格、導入イメージ

10問100回答で平均70,000円。

調査開始から納品までは2〜7日程度。

→ 詳しくはこちら(Fastaskのサイトへ)

5.リサーチプラス

リサーチプラスは大阪に本社があるアイブリッジ株式会社が提供しているリサーチサービスです。モニター数は160万人。ポータルサイトなどあらゆるサイトから集めています。純粋モニターより「アンケート慣れしていない」ユーザーという特徴があります。属性を絞り込まない「簡単アンケート」を使えば簡単に短納期で回答を集めることが出来ます。

特長

「簡単アンケート」の場合、WEB上からご自身で調査項目を設定でき、その際の見積もりは不要です。アンケートの途中経過も確認でき、完了後の納品もWebサイト上から行います。 「回答結果も、条件によりますが、配信開始から最短1、2時間で完了することもあります。」(広報担当者の方のコメント)

価格、導入イメージ

簡単アンケートの場合10問100回答で平均20,000円。 調査開始から納品までは1営業日程度。

→ 詳しくはこちら(リサーチプラスのサイトへ)

編集部のまとめ

各社を取材し、モニターには自社の会員データベースをアンケート用に流用してモニターにするタイプと、アンケート収集のためだけにモニターを集める「純粋モニター」というタイプがあることがわかりました。純粋モニターからの回答を集める場合、料金はかさみますが、その回答精度が期待出来そうです。逆に、自社会員をモニターにするタイプはデータベースの利活用のため、料金が手頃なところが強みです。

また、各社のモニターにはそれぞれ特徴があることも多く、どのジャンルのアンケートに強いのかなどが分かると、発注先選定の際に参考となります。 ご予算に合わせて、どのモニターからアンケート回答を収集するか、使い分けてみてはいかがでしょうか?

調査実施概要

  • 期間:2017年9月6日〜2017年9月14日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話取材にて実施

Web担当者向け企画・運営支援サービス「Web担当アシスト」

月額20万円から、あなたのアシスタントとして、経験豊富なWebディレクターがデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをします。

ディレクターバンクの強みは、Webサイトの運営経験豊富なディレクター人材のネットワーク。
目的に合わせて、デジタルマーケティング運営を支援するディレクターをアサインさせていただき、あなたのアシスタントとしてデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをさせていただきます。

Web担当者のための見積もり依頼先カタログ2018年版

施策別に見積もり依頼先が探せる!パートナー探しの決定版

マーケティング施策やWebの改善施策別に20種類の施策の切り口を設定し、実際の現場で活用できそうなパートナー企業をピックアップ。電話等で個別取材を行いながら情報収集したオリジナル資料です。
掲載情報はサービス単位、企業単位合わせてのべ92の情報を紹介しています。

運営会社情報

デジタルマーケティングを「Web担当者視点」で最適化する。

WEB制作会社やディレクターとの協業ネットワークを軸に、Web担当者様にとって最適な運営体制を提案してまいります。

デジタルマーケティング運営のことなら何でもご相談下さい

ディレクターバンク株式会社は、デジタルマーケティングを「WEB担当者視点」で最適化する、企画・運営支援会社です。自社サイト運用をはじめ、デジタルマーケティング運営でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

会社情報を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者が知りたいデジタルマーケティングの見積もり相場をテーマ毎に独自に取材します。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.