広告

WordPressでランディングページ(LP)作成おすすめテーマ12選&プラグイン5選!:2023年11月版

2023年11月23日

こんな課題をお持ちのWebマーケティング担当者向けの記事です

ランディングページ(LP)を制作することを検討している、または思うようにLPの効果が出ずに悩んでいるWebマーケティング担当者の以下の課題にお答えする記事です。

  • WordPressでLP制作するメリット、デメリットを知りたい
  • WordPressでLP制作する方法を知りたい
  • WordPressでLP制作する際のおすすめのテーマ、プラグインを知りたい

このような課題をお持ちの方に、この記事ではWordPressでLP制作する方法やおすすめのテーマ、プラグインを具体的にご紹介します。

LPを作成するメリットや効果、作り方についてはこちらの記事も併せてご覧ください。

ランディングページ(LP)とは?LPの効果、作り方と制作会社の選定ポイント紹介

LPを制作することを検討している、または思うようにLPの効果が出ずに悩んでいるWebマーケティング担当者の以下の課題にお答えする記事です。 自社のLPを新規に作ることになったが、あまりLPの企画や制作 ...

WordPressの固定ページとランディングページ(LP)の違い

WordPressには「投稿」「固定ページ」の2種類のページ作成方法があります。

固定ページは問い合わせフォームやプライバシーポリシーなど、独立したWebページを作成したいときに使用します。

ランディングページと固定ページの違いとしては、LPが購入や申し込みなど、コンバージョンの獲得を目的としている点が異なります。

LPを作成する際は通常の投稿記事より自由度の高いレイアウトでコンテンツを作成する必要があり、WordPressでLPを作成する場合は基本的に固定ページの機能を利用します。

WordPressでランディングページ(LP)を作成する方法

ランディングページをWordPressで作成する際は「LP作成に対応したテーマを利用する」「LP作成用のプラグインを利用する」の2つの選択肢があります。

さらにLP作成対応テーマの中にも

  • LP作成専用テーマ
  • LP作成補助機能がついたテーマ

の2種類があります。

WordPressのLP用テーマを利用する

「Colorful」などのLP作成専用テーマは、テーマを適用すると全てのページデザインがLP作成用のテーマになります。

LPを作成することを目的にWordPressを利用する場合は、機能が豊富なLP専用テーマを利用することがおすすめです。

ランディングページを含むWebサイトを制作したい場合はLP作成補助機能がついたテーマやプラグインの導入を検討することになります。

LP作成補助機能がついたテーマは企業や店舗のWebサイトを運用する中で、一時的にLPを作成したい場合などに便利なテーマです。

WordPressのLP用プラグインを利用する

LP作成用プラグインを導入するメリットは他のページのデザインはそのまま変えずにLPを作成できることです。

また、有料プラグインを購入したときに、一度購入するだけで複数サイトで利用できることがメリットになります。

日本企業が販売しているLP作成プラグインだけではなく、海外企業が作成している人気のプラグインも存在します。

LP作成機能を持つテーマにも導入することは可能ですが、テーマとプラグインの機能が干渉するとうまく機能しないこともあるため注意が必要です。

WordPressでLPを作成したい場合のおすすめテーマ12選

1.Colorful

LPテーマColorful

「Colorful」は初心者でも簡単にランディングページを作成できる定番のLP作成専用テーマです。

販売開始から8年間で15,000本以上の販売実績があります。

ライセンス買い切り型のため、このテーマを一度購入すれば複数LPを作成しても追加料金が発生することはありません。

価格は通常版が9,800円(税込)、1クリックでLPが完成するデザインテンプレート機能を搭載した上位版が12,800円(税込)です。

また、こちらの記事で実際に「Colorful」を使ってランディングページを作成する手順と使ってみた感想を掲載していますのでご覧ください。

「Colorful」のサイトはこちら

2.MeVIUS

LPテーマMeVIUS

「MeVIUS」は販売本数2,000本を突破したLP作成専用テーマで、200種類以上のヘッダーと80種類以上のボタン画像を組み合わせ、合計16,000通りの組み合わせからLPを作成できます。

一度購入すれば複数サイトで使えるため、費用を抑えて複数のLPを作成したい方や他社と差別化したLPを作成したい方におすすめです。

販売会社が行った調査では、メルマガ登録フォームをMeVIUSのLPに変更したところ、登録率が3%から15%へ大幅に増加したという報告もあります。

価格は7,980円(税込)です。

→「MeVIUS」のサイトはこちら

3.My song

LPテーマMy song

「My song」はLP作成専用テーマの中でも機能を最少化することでわかりやすさに変え、最短ロゴとヘッダー画像を入れ替えるだけでサイトが完成するようにできています。

飲食店や中小企業などが1ページに必要な情報を全て掲載し、Webサイト運用工数を抑えたい場合に便利です。

イベント告知や名刺がわりのページとして重宝するだけでなく、30日間のメールサポートも付いているので、困ったことがあっても気軽に質問することができます。

価格は9,999円(税込)です。

「My song」のサイトはこちら

4.Emanon Pro

LPテーマEmanon pro

「Emanon Pro」は企業のコーポレートサイトやオウンドメディアで数多く利用されている有料テーマです。

HTML構造から検索エンジンで上位に表示されやすい構造で設計されており、資料請求ページやセミナーページのテンプレートなどWeb集客に必要な様々な機能が搭載されています。

LP作成機能としては専用のテンプレートが用意されており、デザインは1種類しかありませんが、お客様からの声やFAQ(よくある質問)などを簡単にパーツ化して表示させることができます。

LPを複数作成したい場合は上位版の「Emanon Premium」を利用する必要があります。

Emanon Proの価格は9,800円(税込)、Emanon Premiumの価格は27,800円(税込)です。

「Emanon Pro」のサイトはこちら

5.LIQUID LP(リキッドエルピー)

LPテーマLIQUID LP

「LIQUID LP」は本格的なランディングページを作ることができるテーマです。

WordPress公式有料サポートテーマにも登録されており、WordPressの最新エディターにも対応しているため、直感的に作成を行なうことができます。

「プロダクト」「リード」「サンプル」の3種類のテンプレートが用意されていて、テンプレートを編集することでLPを完成させることができます。

価格はテーマ買い切り型の場合16,280円(税込)です。

「LIQUID LP」のサイトはこちら

6.LIQUID APP(リキッドアップ)

LPテーマLIQUID APP

「LIQUID APP」はスマートフォンやタブレットのアプリに特化したランディングページ用テーマとなります。

アプリのスクリーンショットをアップロードすると自動的に端末のモックと合わせて表示されたり、App StoreやGoogle Playなどのアプリストアロゴが入ったダウンロード用バッジを簡単に設定できます。

価格はテーマ買い切り型の場合16,280円(税込)です。

「LIQUID APP」のサイトはこちら

7.DROP

LPテーマDROP

「DROP」はLP専用テーマではありませんが、トップページをランディングページのように利用することができます。
また、高機能なグラフ・チャート作成機能があり、簡単な設定だけでおしゃれな棒グラフや円グラフを追加することができます。

価格は32,800円(税抜)です。

「DROP」のサイトはこちら

8.OOPS!(ウップス)

LPテーマOOPS!

「OOPS!」はまずトップページのファーストビューで、スタイリッシュな印象を演出できるパララックス効果を用い、ユーザーの目を惹きつけます。

そしてLPとして必須と言ってもいいCTA機能についてA/Bテスト(*1)機能があり、よりコンバージョン率の高いページに改善していくことが可能です。

(*1機械的に2種類の表示を出し分けてどちらの反応が良いかを調べるテスト)

価格は19,800円(税抜)です。

「OOPS!」のサイトはこちら

9.TENJIKU

LPテーマTENJIKU

「TENJIKU」は飲食店のために設計されたWordPressテーマで、LP作成機能が充実したテーマになっています。
ヘッダーフッターの表示/非表示を設定できることはもちろん、店内や料理の写真を活かしたランディングページを作成することができます。
LPによって広告出稿用、リピーター向けの告知用など様々な使い分けができるようになっています。

価格は33,800円(税抜)です。

「TENJIKU」のサイトはこちら

10.VENUS(ヴィーナス)

LPテーマVENUS

「VENUS」は高級ブランドや企業サイトなどに適した有料テーマで、幅広い用途に利用でき訴求力が高い3種類のLP用テンプレートを利用することができます。

また、LP作成時には簡単な操作で自由度の高いカスタマイズが可能です。

テーマ全体が最先端のWebデザインを意識しており、ブランド力を向上させたい場合やデザインで他社と差をつけたい場合に便利なテーマになっています。

価格は18,000円(税抜)です。

「VENUS」のサイトはこちら

11.FAMOUS

LPテーマFAMOUS

「FAMOUS」は様々なビジュアル効果を利用して個人や中小企業のブランドイメージを高めることができるテーマです。

トップページに掲載するコンテンツは、LP専用テーマのようにパーツの中から選択して組み合わせるだけで多くの情報を掲載することができます。

また、SNSやYouTube動画などを簡単に埋め込むことができるため、手軽でおしゃれなテーマを利用した方におすすめです。

価格は25,800円(税抜)です。

「FAMOUS」のサイトはこちら

12.Grazioso(グラツィオーソ)

LPテーマGrazioso

「Grazioso」は1カラムのフラットデザインを特徴としたLP作成専用テーマです。

豊富なアニメーション表現や、手軽にパララックス効果を活用できるコンテンツ表現が人気です。またカスタムCSSを実装しているため、よりデザインにこだわりたい中級者以上にもおすすめです。

価格は1サイトライセンスが19,800円(税込)、無制限ライセンスが49,800円(税込)となっています。

「Grazioso」のサイトはこちら

WordPressでLPを作成でおすすめのプラグイン5選

1.LPtools

LPプラグインLPtools

「LPtools」はWordPressの多くのテーマで動作させることができるLP作成用のプラグインになります。

ブロックエディタに対応しており、37種類のデザイン済ブロックが用意されているため、ブロックを配置してテキストを入力するだけでLPがほぼ完成します。

また、よりコンバージョン率の高いLPを作成できる機能として、ユーザーがLP表示後にタイマーが開始される機能などを利用することができます。

価格は32,780円(税込)です。

「LPtools」のサイトはこちら

2.Danganページビルダー

LPプラグイン「Danganページビルダー」

「Danganページビルダー」は登録フォームやお客様の声など12種類のデザイン済みパーツが用意されており、取得したメールアドレスを外部のメール配信システムと一発で連携させることが可能です。

プラグイン購入後、WordPressにこのプラグインをインストールするだけでLPを作成開始することができます。

購入後のサポートについても、公開されているマニュアルを見て問題が発生した時は、サポート窓口にメールで問い合わせることが可能です。

また、こちらの記事でメリット・デメリットやダウンロードまでの手順について解説していますので、併せてご覧ください。

Danganページビルダーを使った感想【結論】初心者でも綺麗なLPが作りたい人にオススメ!

WordPressでLP(ランディングページ)を作成する場合、 LP専用テーマを使用する LP作成用プラグインを使用する テーマに内蔵されているLP作成機能を使用する の3つの手法がありますが、LP作 ...

価格は12,800円(税込)です。

「Danganページビルダー」のサイトはこちら

3.Elementor Website Builder

LPプラグイン「Elementor Website Builder」

「Elementor Website Builder」は無料のプラグインで、無制限にランディングページを作成することができます。

コーディングなし、ドラッグアンドドロップでパーツを配置するだけでレイアウトを組むことができます。

日本語表示に対応していますが、より機能が豊富なProアカウントは月額59ドルからのドル決済になります。

「Elementor Website Builder」のダウンロードページはこちら

4.Landing Page Builder

LPプラグインLanding Page Builder

「Landing Page Builder」は無料で使えるプラグインで、LP作成に特化しています。

リード獲得やメールアドレスなどのオプトインページなどが簡単に作成できます。

現状日本語対応はしていません。

「Landing Page Builder」のダウンロードページはこちら

5.Divi PAGE BUILDER PLUGIN

LPプラグインDivi

「Divi PAGE BUILDER PLUGIN」は海外製のページ作成用プラグインで、世界で最も多く利用されているページ作成プラグインの一つです。

Diviはプラグインだけではなく、高機能なWordPressテーマも使うことができ、ライセンスを買い切り型で購入する場合は249ドルですが、年額89ドルのプランを選択することも可能です。

「Divi」のサイトはこちら

WordPressでランディングページを作成するメリット

メリット1:ドラッグ&ドロップなどで直感的に制作できる

WordPressには初心者でも簡単にLPを作成することができるテーマやプラグインが多数用意されています。
コーディングなどページ制作やWebデザインに関する知識がなくてもLPを作成できるテーマやプラグインを導入すれば、直感的な操作でパーツを配置するだけで最短即日ページを作成することができます。

メリット2:ゼロからLP制作を委託するケースより費用を抑えることができる

LP制作を他社に委託する場合、1ページ制作の場合でも数十万円の制作費用が発生することが多く、費用対効果を検討した結果LP制作を行わないといったケースもみられます。
しかし、社内のマーケティング担当者でもLP作成を支援するテーマやプラグインを導入すれば、無料から数万円の範囲で無制限にLPを作成することが可能です。

WordPressでランディングページを作成するデメリット

デメリット1:担当者によるメンテナンスが必要

LPを作成してから一定期間が経過すると、LPからの成約(コンバージョン)数が下がるなど、効果が下がってくることが一般的です。
ランディングページを長期間効果的に運用していくためにはユーザーに応じたA/Bテストを実施したり、ユーザーからの関心を得られにくい表現を見直すなどのメンテナンスが必要になります。

デメリット2:デザイン内容が作成担当者のスキルやテーマ・プラグインの性能に依存する

無料テーマやプラグインを利用した場合、色のパターンやパーツの種類が少ない場合が多く、担当者の思い通りのページ制作が難しいケースがあります。
その場合は有料プランを契約したり、有料のテーマやプラグインへの乗り換えを検討する必要があります。

WordPressでランディングページ(LP)作成おすすめテーマ12選&プラグイン5選!まとめ

ランディングページを作成する場合、作成手順が簡単でわかりやすいことも大切ですが、LPの主たる目的である資料請求や問い合わせなどのコンバージョンが上がることが重要です。

今回ご紹介した通り、WordPressには初心者でも簡単にLPを作成できるテーマやプラグインが揃っています。

制作会社にLP作成を依頼するよりも低価格でLPを作成したい方はぜひ自社でLP制作を進めましょう。

WordPressでLP作成を行なう自信がない場合は、ペライチなどのLP作成用CMSやHTMLテンプレートなど、様々なテンプレートが存在するので、最適なものを探してください。

LP制作おすすめテンプレート12選:2023年7月版

ランディングページ(LP)は商品購入、資料請求、会員登録などを目的とした1枚の縦長のページです。LPを作成して公開することで、広告や自社Webサイトから潜在顧客または見込み顧客を収集して目的を達成する ...

ディレクターバンクでは初めてLPを作成したい方やLPを運用しているが思うように成果が出ない方から日々LPに関するご相談をお受けしています。

WordPressを利用したLP制作代行だけでなく、改善のご提案なども行なっております。LP制作でお悩みがある方はぜひ一度弊社までご相談ください。

 

Webマーケティング視点で成果を出すためのLPを制作します

ディレクターバンク(株)のLP制作では、現状課題をヒアリングさせていただいた上で、LPのコンテンツ企画・制作から、公開後の広告運用、LP修正対応まで、LPで成果を出すための必要なサポートをワンストップで提供させていただきます。

詳しくはコチラ

こちらの記事もおすすめ!

LPの作り方ガイド|見積もり相場ガイド
LPの作り方、徹底ガイド!制作時の注意点やオススメのツール・制作会社まで

内製でLPの作ろうと考えている方へ、効果的な作り方をご紹介します。 中長期で効果を出すLPを制作するにはいくつかの注意点や作り方にコツがあります。分かったつもりでいた「KPI」や「LPO」についても説 ...

続きを見る

LPのCVRを改善するには?LP改善のポイントと役立つツールまとめ|見積もり相場ガイド
LPのCVRを改善するには?LP改善のポイントと役立つツールまとめ

Webマーケティング施策において、Web広告などの集客施策からの送客先として活用されるLP(ランディングページ)。しかし、LPを公開してみたものの、なかなかCV(コンバージョン)につながらないというこ ...

続きを見る

LPデザイン&コーディングの最新相場調査:2020年3月版

(2018年4月版のレポートに追加調査を行い、更新したものです) LP(ランディングページ)は、コンバージョンに直結する重要な存在です。LP制作を社内で内製化できるツールもありますが、デザインの自由度 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

山口優

2017年にIT企業を退社しフリーランスとなる。自ら企画したブログメディアやSNSを中心としたマーケティング活動を行なっている。現在は動画製作とHubSpotを勉強中。