デジタルマーケティングの予算感を徹底調査!

インタビュー動画の最新相場調査:2018年3月版

mv38s.jpg

SNSやWEBサイトで動画を見かけることが増えました。
個人によるSNS投稿だけでなく、ビジネス面でも、多くの企業がWEBマーケティングで動画の活用に取り組んでいるようです。そろそろ、自社でも動画の活用に取り組んでみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、企業が活用するWEB動画の中でも「インタビュー動画(2-3分程度)」に絞って、見積もり相場を調査してみました。

 

▼目次

  1. はぐくむ
  2. Somethingfun(サムシングファン)
  3. ビデオ屋ドットコム(合同会社SENTIC)
  4. ヒーローガレージ
  5. PROOX(プルークス)
  6. ジェットン

1、動画のメリット

従来のテキストと画像によるコンテンツよりも、多くの情報を短時間で伝えることができます。その中でもインタビュー動画は、企業の想いや社風といったものを伝えやすい手法です。

 

2、動画の活用事例

1)採用動画
人財採用の目的で制作。経営者や社員のインタビューなど。
2)事例動画
見込客に、製品やサービスを理解してもらうための動画。顧客インタビューなどが多い。
3)ノウハウ動画
製品やサービスをより良く使ってもらう(使い続けてもらう)ための動画。社内コンサルタントや開発者のインタビューなど。

 

3、依頼前に準備しておくこと

1)目的
動画を見たユーザーにどうなって欲しいか?なにをして欲しいか?
2)伝えたいメッセージや素材
そのためにどんなメッセージを伝えたいか?差し込みたい画像や文言など素材があれば事前に素案を用意しておく。
3)動画のイメージ
近いイメージの動画など。

 

インタビュー動画の最新相場調査

1.はぐくむ

 

1.hagukumu.JPG

 

インタビュー動画の中でもマーケティングに活用されることの多い、顧客事例・お客様インタビューを得意とする。クライアントの立場に立った、販促・集客のためのマーケティング視点でのコンテンツ制作が強み。動画だけでなく、Web記事、紙媒体のコンテンツ制作も、企画から編集までワンストップで対応できる。
 

特長

  • 女性ディレクターが担当
  • 美容やエステ系のユーザーインタビューに強い

「お客様インタビューの実績が多く、特に、高額商品や目に見えにくい商品に関するインタビュー動画のニーズが高いです。また、採用活動に使うための社員の方へのインタビューの依頼も多いです」(はぐくむ 高橋氏)
 

価格、導入イメージ

中心価格帯:15万円
※2~3分のインタビュー動画制作

「マイクやカメラなど撮影に使う機材や、動画に素材をどのぐらい挟むかによって料金は変わってきます。インタビュー動画制作は、どういう目的で使うかを考えて依頼することが大切です」(はぐくむ 高橋氏)

→ 詳しくはこちら(はぐくむのサイトへ)


2.Somethingfun(サムシングファン)

 

2.somethingfun.JPG

 

国内では東京・大阪の二拠点があり、出張撮影にも柔軟に対応できる。実績が豊富でサイト上にも多く掲載。インタビュー動画以外にも、動画広告やラジコンヘリ空撮、ムービーサポートセルフなどサービスの幅が広い。「IT飲み会」というIT業界懇親会も開催している。
 

特長

  • 動画制作後の活用方法まで含めた提案ができる
  • 動画制作を内製化するためのノウハウ提供が可能
  • 文化放送と提携した「ラジオ番組出演+プロモーションムービー制作の一括サービス」あり。

「中小企業から大企業まで、弊社ではこれまで16年間の動画制作の実績があり、カメラマンを始め必要なスタッフを自社で手配できます。動画制作にあたっては、ディレクターが同席してヒアリングを行いながら、制作した動画をどう活用するかまで考えたご提案します。動画制作とは別料金になりますが、動画の撮影や編集など動画の制作を内製化するためのノウハウをお教えできる点や、広報支援が行える点も、他の会社とは違う特長です」(サムシングファン イイヅカ氏)
 

価格、導入イメージ

中心価格帯:30万円~50万円
※2~3分のインタビュー動画制作

「音楽やナレーションを入れるなど、企画演出をしっかりと行う場合は70万円~100万円程度かかりますが、シンプルなインタビュー動画制作であれば30万円程度から制作が可能です」(サムシングファン イイヅカ氏)

→ 詳しくはこちら(Somethingfun(サムシングファン)のサイトへ)


3.ビデオ屋ドットコム(合同会社SENTIC)

 

3.videoya.JPG

 

3つの動画制作プランがあり、プランによりカメラ台数とスタッフ数が違う。作業工程がパターン化されていることで、低価格での動画制作が可能。オプションも全て価格が明確化されているので、予算取りもしやすい。日本全国出張撮影が可能で、無料出張エリアも拡大中。
 

特長

  • 動画制作をパターン化することで料金を固定、低コストを実現
  • あらかじめプランが決まっているので申込~撮影までが早い
  • 運営元の合同会社SENTICでは都度見積もりの動画制作にも対応

「インタビュー動画の利用層は大部分が法人で、商品レビューの他、リクルート向けの社員紹介にも多くご利用いただいています。制作した動画は、Webや展示会などの場で活用されています」(ビデオ屋ドットコム 田中氏)
 

価格、導入イメージ

中心価格帯:5万円~10万円
※2~3分のインタビュー動画制作

  • 基本プランとしては、ライトプラン(税込38,000円)、スタンダードプラン(税込54,000円)、プレミアムプラン(税込84,000円)がある。基本のプランにオプションを追加する形となる
  • 運営元の合同会社SENTICでは、都度見積もりで動画制作に対応しており、人件費と撮影規模、取り扱う形式により大幅に変動するが、中心価格帯としては80万円程度

「動画制作は『家を建てる』イメージに近いかと思います。費用をかければそれだけ良いものができる可能性が上がりますが、基本的に金額に関しては、お客様予算の範囲での制作規模で提案させていただいています。動画制作の際は、『見積もり依頼の際にできるだけ予算を伝える』ということが大事になってくるかと思います」(ビデオ屋ドットコム 田中氏)

→ 詳しくはこちら(ビデオ屋ドットコムのサイトへ)


4.ヒーローガレージ

 

4.herogarage.JPG

 

動画制作の他、Webサイト制作・CMS構築、SNSマーケティングなどWebサイト運営に関わる幅広いサービスを展開している。インタビュー動画制作の経験豊富。他にも、企業PVやイベント、Eラーニングの撮影編集も手掛ける。整音できるMAスタジオを完備、東京(渋谷・都立大学)の他、大阪にも編集スタジオあり。
 

特長

  • 1時間1万円~という格安の時間清算
  • 渋谷、都立大学、大阪に立会い編集スタジオあり
  • 自社管理のBGMを2000曲所有

「動画制作サービスは通常1本いくらという料金体系が多いですが、弊社の場合は、もともとは個人のお客様を対象にサービスを提供していたこともあり、時間清算で細かい作業にも対応できます。現在は大企業様の利用者が多く、中小企業様の動画マーケティングの活用はまだこれからといった状況です」(ヒーローガレージ 佐藤氏)
 

価格、導入イメージ

中心価格帯:10万円
※2~3分のインタビュー動画制作

  • セッティング・撤収含め1時間の撮影の場合の目安
  • 撮影、編集に関する作業、機材手配、運搬などそれぞれ時間清算となる

「ユーザーインタビューなどは数カ所を回る案件が多いので、それによっても料金が変わってきますが、2~3分のインタビュー動画であれば、10万円に収まるぐらいが中心です。動画編集は、立会か持ち帰りか、テロップやBGMによっても料金が変わってきます」(ヒーローガレージ 佐藤氏)

→ 詳しくはこちら(ヒーローガレージのサイトへ)


5.PROOX(プルークス)

 

5.proox.JPG

 

経営コンサルティング出身メンバー陣が立ち上げた動画マーケティング会社。インタビュー動画はもちろん、アニメーションから実写・CG制作まで多種多様な幅広い動画に対応可能。制作だけではなく、コンテンツの企画からYouTubeやFacebook等への広告配信まで動画マーケティング全体を支援する。
 

特長

  • 1,000人以上のクリエーターの登録がある
  • プランナーが提案からディレクションまでワンストップで対応
  • マーケティング設定に基づく効果の出る動画制作

「データベース上に1,000人以上のクリエーターの登録があり、幅広いご要望に対応できます。その上で、プランナーが提案からディレクションまで一貫して対応します。利用企業様はベンチャー企業様から大企業様まで様々ですが、インタビュー動画では、導入事例やお客様の声などが多くなっています」(プルークス 硲氏)
 

価格、導入イメージ

中心価格帯:30万円~40万円
 ※2~3分のインタビュー動画制作

「撮影の質やカメラの台数によっても料金が変わってきますが、2~3分のインタビュー動画であれば、30万円~40万円ぐらいの予算をくんでいただければ対応が可能です」(プルークス 硲氏)

→ 詳しくはこちら(PROOX(プルークス)のサイトへ)


6.ジェットン

 

6.jettn.JPG

 

CMのような広告性・表現性の高い動画制作から、営業資料や研修資料のような情報訴求型の動画制作まで、幅広い動画制作の実績がある。
 

特長

  • CM的な短時間に要点を分かりやすく伝える動画と、会社案内のような情報訴求型の動画、どちらの実績も豊富。双方の要素を互いに活用することも可能
  • 予算や要望に合わせて企画からの提案を行う

「弊社ではCM的な動画とB to B型の動画を2本の柱にしています。どちらの実績も豊富で、たとえば、会社案内の動画にアニメーション型の映像などCM的な要素を入れるといったことも柔軟に対応できます」(ジェットン 寿時氏)
 

価格、導入イメージ

中心価格帯:30万円
※2~3分のインタビュー動画制作

「弊社では撮影だけは行っておらず、編集まで含んだ動画制作になります。平均的には30万円程になりますが、たとえば会社紹介であれば、会社周辺の映像を足したり、グラフィックを足したりなど、内容によって料金が変わります」(ジェットン 寿時氏)

→ 詳しくはこちら(ジェットンのサイトへ)

今回の取材では、

  • 2-3分のインタビュー動画の中心価格帯は30万円程度

という結果になりました。
ただし、固定プランや時間清算など料金体系によっては10万円程度から制作が可能なサービスもありました。
動画の目的としては商品やサービスを理解してもらうための事例紹介動画で、顧客インタビューやユーザーインタビューのニーズが高いようです。

料金は、カメラやスタッフ数、機材の質、編集で入れる素材によって追加されます。どのぐらいコストをかけるかは、その動画を使う目的にもよるので、動画制作を行う場合は、その動画を何に使うのか目的を明確化することが重要です。 
 

調査実施概要

  • 期間:2017年3月5日〜2018年3月9日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話取材にて実施
     

Web担当者向け企画・運営支援サービス「Web担当アシスト」

月額20万円から、あなたのアシスタントとして、経験豊富なWebディレクターがデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをします。

ディレクターバンクの強みは、Webサイトの運営経験豊富なディレクター人材のネットワーク。
目的に合わせて、デジタルマーケティング運営を支援するディレクターをアサインさせていただき、あなたのアシスタントとしてデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをさせていただきます。

WEB担アシストロゴ白バック_1280_297.png

最新の見積もり相場レポート

#
LPデザイン&コーディングの最新相場調査:2018年4月版
LPデザイン&コーディングの最新相場調査…
#
お問い合わせフォーム作成サービスの最新相場調査:2018年4月版
お問い合わせフォーム作成サービスの最新相…
#
オウンドメディア構築〜運用の最新相場調査:2018年3月版
オウンドメディア構築〜運用の最新相場調査…
#
インタビュー動画の最新相場調査:2018年3月版
インタビュー動画の最新相場調査:2018…
#
Webコンサルティングの最新相場調査:2018年2月版
Webコンサルティングの最新相場調査:2…
#
テレアポ電話代行サービスの最新相場調査:2018年2月版
テレアポ電話代行サービスの最新相場調査:…

見積もり相場ガイドは、facebookとtwitterで最新情報をお届けします