Twitter マーケティング支援の最新相場調査:2019年3月版

投稿日:2019年3月15日 更新日:

Webマーケティングの一環としてTwitterの企業アカウントを運用しているWeb担当者の課題として、そもそも目標をどう設定して良いかわからない、運用や分析のための時間や人員が不足している、フォロワーやリツイートなどユーザーの反応がなく成果が感じられないなどがよく聞かれます。その解決策として検討してほしいのが、Twitterマーケティングの支援や代行を行うサービスの活用です。本記事では、その主要なサービスと相場感を調査しました。

Twitterマーケティングの成果とは

ソーシャルメディアの中でもTwitter(ツイッター)の特徴として、リツイートによって不特定多数に情報を拡散でき、拡散力が強いことがあげられます。また、Twitterのユーザーは割合的には20代~30代が多いものの、10代や40代以上の利用もそれなりにあり、幅広い年齢層のユーザーが利用しているSNSツールと言えます。

これらの特徴により、Twitterは、商品やブランド、会社などの認知拡大に有効なマーケティングツールにもなり得ます。実店舗・オンラインショップいずれにおいても、ツイートや広告からの来店誘導、売上向上につなげることも可能でしょう。

当然ながら、アカウントのフォロワー数が増えるほどに見込める成果も大きくなります。ある程度時間をかけてアカウントを運営してフォロワーを増やしていくことが基本ですが、影響力の強いフォロワーにツイートまたはリツイートされることにより、いわゆる「バズる」と呼ばれる状態、突発的な情報拡散が起こることもあります。

Twitter マーケティング支援の最新相場調査

1.株式会社World Wide System(ワールドワイドシステム)

2.ワールドワイドシステム

1,500社以上、30,000件以上の制作・開発実績あり。デジタルマーケティング領域の集客・管理システムの開発・提供を得意としている。日本だけでなく、東南アジアにおける消費者向けセールス・プロモーションも手掛けている。SNSプロモーション、消費者リサーチ、WEB制作と、社内にそれぞれ専門チームがあり、幅広い提案が可能。

サービスの特長

  • 自社開発のキャンペーンツール
  • 年間の集客・キャンペーンプラン企画
  • その他、投稿クリエイティブの作成・分析等
  • Twitterに関しては以下のツールを提供している

    ―SmartRT:リツイートキャンペーンが手軽な価格で実施できるシステム

    ―SmartHash:ハッシュタグを用いたTwitter投稿キャンペーンシステム

「弊社はそれぞれのSNSに対してのキャンペーンツールを持っており、数多くのキャンペーンツール導入の実績から、効果の高いキャンペーンの企画が強みです。アカウントのメインの運用案の中にキャンペーンツールを盛り込んでいるので、ユーザーにとって飽きにくく、担当者さんに負荷のかかりにくいご利用が可能です。また、アカウントの中だけでなく、ユーザーの動線を考えたSNSのアカウントとLPのシームレスな繋ぎ込も考案させていただいています」。(株式会社World Wide System 担当者)

利用者の特徴

下記のような課題を持ったクライアントが多い。

  • 担当者はいるが、集客案が出てこない
  • 企画はあるが、投稿文を作成・投稿する人手が足りない

「それぞれのクライアントに合わせてSNS選択のアドバイスを行い、それぞれのSNSに合った運用をご提案させていただいております」。(株式会社World Wide System 担当者)

Twitterに関しては以下のような特徴を踏まえた利用が向いている。

  • 拡散を第一に行いたい場合→RT機能が充実しており、拡散力が他SNSに比べて高い
  • 幅広い年代にアプローチしたい場合→10代から幅広い年代が利用している(日本国内)

中心価格帯

初期:約30万円~
月額:内容によって変動

→ 詳しくはこちら(World Wide Systemのサイトへ)

2.株式会社サイバー・バズ

3.サイバーバズ

ソーシャルメディアマーケティング事業に特化した会社。自社サービスとして、アカウント運用サービスの他、影響力の高いソーシャルメディアユーザーが集まる承認制会員サービスや、口コミを発生させるためのプラットフォームを提供。また、インターネットマーケティングなども手掛けている。

サービスの特長

  • Instagramのマーケティング支援に特に強みを持つが、Facebook・Twitterアカウント運用も相談可能
  • インフルエンサーによるUGCクリエイティブ制作、投稿管理・サポートを始め、企画からキャンペーンの運用、ソーシャル監視、インフルエンサーキャスティングやAD運用サポートまでをワンストップで提供

利用者の特徴

  • コスメ、日用品、食品、ブライダル業界が中心
  • 累計100以上のアカウントをサポート

中心価格帯

初期費用:20万円~
月額費用:35万円~

→ 詳しくはこちら(サイバー・バズのサイトへ)

3.株式会社ホットリンク

4.ホットリンク

SNSマーケティング事業を軸にしたソリューションおよびツール提供を行っている。最先端のAI(人工知能)技術を搭載したソーシャル・ビッグデータ解析ツールやレポーティングなどに強みを持つ。また、中国人向けマーケティング支援も行っている。

※公式サイト掲載情報より

サービスの特長

  • データ分析から戦略立案・実施効果検証までワンストップで支援
  • Twitter広告の運用支援・コンテンツ作成にも対応
  • Twitter動画の配信・拡散支援にも対応

利用者の特徴

Twitterマーケティングについて以下のような課題を持つWeb担当者におすすめ。

  • ゴール・成果の設定や運用方法に不安がある
  • フォロワーやRTが増えない、ユーザーからの反応がない
  • 成果につながっているかが分からない
  • ブランド認知が低い、ファンを作れていない
  • SEMの指名検索に伸び悩んでいる

中心価格帯

要問い合わせ

→ 詳しくはこちら(ホットリンクのサイトへ)

4.株式会社バケット

5.デジマール

ソーシャルメディアの運用代行・実行支援を中心としたインターネット販促支援事業を展開する会社。Webメディア向けのコンテンツ企画/制作/編集部運営や、Webマーケティングにおけるキャンペーン展開時のデジタル運用チームのアウトソースなどにも対応している。

※公式サイト掲載情報より

サービスの特長

  • 2008年のサービス開始後、年度ごとの対応アカウント数の累計で、約200の企業アカウントを支援、各年度で運用を支援したアカウントの合計ファン/フォロワー数を加えると500万人以上となる
  • Twitterを始めとしたSNSマーケティングについて、アカウント導入・実行支援から運用代行、コンテンツ制作、広告運営、コンサルティングなど必要に応じたサービスを提供可能
  • オフラインイベントに同行、Twitter上で現地の様子を中継するサービスあり

利用者の特徴

  • 生活用品メーカー、IT、ゲーム、通信キャリア、食品メーカー、教育、小売業、 エンタメ、マスコミ、自動車メーカー、イベント、アーティスト など

中心価格帯

※以下、検討の参考となる価格イメージ。実際には、運用のボリューム等をヒアリングしたうえで、都度見積りとなる。

  • 運用支援
    ―戦略策定(初回):20万円

    ―SNSアカウント開設(初回):15万円

    ―運用マニュアル・運用ガイドライン作成:20万円
  • 実行支援

    ―アカウント管理/投稿管理:月額30万円

    ―ユーザーサポート:月額15万円

    ―モニタリングレポート:月額10万円
  • その他
    ―運用報告レポート:月額10万円

    ―イベント中継:200,000円/回・日

    ―キャンペーン支援:300,000円/期間中

→ 詳しくはこちら(バケットのサイトへ)

編集部のまとめ

今回の調査概要

  1. 調査母数(問い合わせした企業数):7社
  2. 有効回答数(調査にご協力いただいた企業数):3社
  3. HubSpot導入支援を依頼した場合の相場は次の通りとなりました。
  • 1)初期費用:20万円~30万円前後
  • 2)月額費用:10万円~50万円前後

Twitterマーケティング支援については、Twitterに特化しているサービスもありますが、TwitterだけでなくFacebookやInstagramなどSNSマーケティングの支援を行っており、その中から利用者に合わせたSNSを選択するというサービスが多いようです。

ただ、その中でも特定のSNSに強みを持つ場合もあるので、たとえばTwitterなど、活用したいSNSが決まっている場合は、Twitterマーケティング支援に強いサービスを選んだほうが良いでしょう。一方で、SNSマーケティング全般を検討している場合は、まずは幅広く対応してくれるサービスに相談してみると良いと思います。

また、Twitterマーケティング支援を行っている会社では、運用全般を代行してもらえるサービスもあれば、基本は利用者が運用して、戦略策定や分析などを支援してくれるサービスもあって、利用者の状況に合わせたサービス提案ができるケースが多くなっています。Twitterマーケティングに課題を感じるのであれば、まずは相談してみると良いでしょう。

編集部では、調査にご協力いただける企業を随時募集しています。
調査協力に関する問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

調査実施概要

  • 期間:2019年2月4日〜2019年2月18日
  • 調査方法:インターネット調査及び電話・メール取材にて実施

編集部では、調査にご協力いただける企業を随時募集しています。
調査協力に関する問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。
https://webtanguide.jp/contact

SNS、ホームページ運用代行なら「Web担アシスト」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者のための見積もり相場ガイド編集部

Web担当者が知りたいデジタルマーケティングの見積もり相場をテーマ毎に独自に取材します。

Copyright© Web担当者のための見積もり相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.